スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカン エコツープラス( ECO-2 +)のレビューとヨコハマタイヤの比較

 

ドライグリップ、ウエットグリップを両立させたアジアンタイヤということで、ナンカンエコツープラス( ECO-2 +)をネット通販で購入しました。

乗り心地や燃費、雨の日の安全性についても大変満足のできるタイヤです。

また、オートウェイと取付店が連携してスムーズに対応してくれましたので、その点についても満足できるタイヤ交換ができました。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカン エコツープラス( ECO-2 +)のレビューとヨコハマタイヤの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的
熊本市中央区在住です。車種はマツダのCX-5です。主な車の使い方は、日常的な使い方で、子供の送り迎え、買い物などです。ゴールドですが、もともと運転には自信はなくあまり飛ばす方ではなく普通です。

オートウェイで1本9,500円ほど

新しいタイヤは、ナンカンエコツープラス( ECO-2 +)と言うタイヤで台湾製のものだそうです。

オートウェイで注文し指定の整備会社に配送され、1本9500円ほどで、プラス工賃などです。インチは17インチです。

以前のタイヤは16,000円ほど

以前のタイヤは新車購入の際につけた、ヨコハマタイヤです。インチは17インチで1本うろ覚えですが、16000円ほどではなかったかと思います。

スポンサーリンク

ナンカンエコツープラスの評判・評価

台湾製ということで不安だったが

ヨコハマタイヤから、ナンカンエコツープラスに変えてみて思いますが、最初は台湾製に不安もありましたが、整備会社やネットでも詳しく聞いて以前のものより硬いようで、でも乗り心地を重視され作られているとのことで、特に悪いと言う印象はありません。

ひび割れたタイヤと交換して

夫にも乗ってもらいましたが、以前のタイヤがひび割れと溝がなくなったタイヤだっだので、変えて道路の振動など感じにくくなって、良くなったと喜んでいたほどです。

タイヤが4本ともひび割れしていて、状態も悪かったのもあり、これから燃費なども見てみたいと思います。ガソリンのメモリの減りが緩やかな気もしますけど、もう少しみてみたいです。

17インチ4本で工賃込みで52000円ほど

17インチ4本で工賃込みで52000円ほどで収まり、作業も一時間ほどで早くしてくれて、子供もいたので助かりましたし、タイヤをネットでしたが注文してからの手配の連携がしっかりしていて、早く対応してもらえて良かったです。また利用したいとおもいます。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

土砂降りの雨でも問題なく合格点

雨の日は運転が苦手ではありますが、気を付けて運転してますが、特に滑ったり止まりにくいといったこともなく、今のところ快適に乗れています。

結構なとしゃぶりや、降り始めの雨も運転してますが、問題なく乗れています。また雨の日であっても、新車のときの様に止まりが良いと感じます。

ブレーキ性能にも問題なし

あまりブレーキを強く踏む癖がなく、柔らかく踏んでも、しっかり止まります。

個人的には大雨のどしゃ降りでも問題なく乗れたことから、特に不安は感じてないので、合格点かと思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃料の減りがゆっくりになった!

燃費は、タイヤを変える前よりガソリンのメーターのメモリの減りが確実にゆっくりになりました。以前はもう少し減りが早かったとおもいます。

もう少し長く乗ってガソリンを注ぐ頻度なども注意して見ていきたいと思います。

アジアンタイヤ ナンカン エコツープラス( ECO-2 +)の総合的な感想 おすすめポイント

オートウェイと取付店の連携がスムーズですばらしい!

総合的には、ネット購入は初めてで不安も多かったのですが、とてもオートウェイと整備会社との連携がしっかりしていて、いついつ納品されたので、ご都合の良い日に取り付け日程を相談しましょうと連絡がスムーズで、とても安心できました。

リピート確実で親にもすすめたいほど

大変満足いく値段でつけることができましたし、つけてみての乗り心地も申し分なく、もうリピート決定と言えます。

もし迷ってる方がいましたら、ほんとにお薦めです。親にもすすめたいと思いました。

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事