スポンサーリンク

アジアンタイヤ フルランのレビューと純正国産タイヤとの比較

アジアンタイヤ フルランのレビューと純正国産タイヤとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ フルランのレビューと純正国産タイヤとの比較

神奈川県に住んでいます。車種はトヨタのオーリスを乗っています。主に通勤で乗っているのでほぼ毎日乗っています。片道20分ぐらいのところに通っています。比較的安全運転を心がけています。

以前のタイヤはトヨタ車を新車で買ったときの純正タイヤなので名前は覚えていませんが日本製のタイヤでした。純正タイヤは16インチでしたが今のタイヤは19インチを履いています。2本で5000円行かないぐらいだったので合計では10000円ぐらいでした。

なかなかアジアのタイヤは売っていないので通販で購入し、車屋で付け替えていただき安くすみました。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ フルランの評判・評価

乗り心地としては、インチも変えているのも影響していると思いますが、タイヤが硬く感じます。段差があるところなども日本製のタイヤよりかは揺れる感じがします。

 

ブレーキで止まるときもスムーズにとまるというよりは少しガクンとなるような感じですがなれてしまえば気になることはありません。急発進、急ブレーキをかけると少し滑る感じがしますが安全運転をしていれば特に気になることがないと思います。

曲がる時は特に日本製のタイヤのときとはかわりません。発進する際もゆっくり発進していればかわりません。タイヤのノイズは多少ありますが、音楽を聴いていたりすると気になることはありませんが、神経質な方は気になるかもしれません。

日本製のタイヤと比べてしまうと全体的に劣っている感は否めませんが、値段が安いことを考慮すれば仕方がないかなと思えます。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

雨の日運転の時は普段のときより止まるときに日本製のタイヤより若干滑る感じがしますが若干などで気になりませんし気にしていません。車間距離を適切にとりゆっくり止まっていれば日本製のタイヤとは遜色ないと思います。

しかし、硬いタイヤのほうがハイドロプレーニング現象になりやすいのかなと勝手に思っていますので、水が溜まっている部分はなるべく避けるようにしています。今までハイドロプレーニング現象になったことはないので普通に走っていても大丈夫なのかもしれません。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃費は特に変わらないと思います。現在6年同じタイヤで走っていて走行距離は5万キロぐらいです。タイヤが硬い分タイヤはすり減りにくいので問題ないです。

定期的に点検に出していますが前輪と後輪のローテーションはやらなくても大丈夫とのことで一度もしていません。しかし、タイヤは劣化してきているようであと半年ぐらいで変えたほうが良いと言われています。

アジアンタイヤ フルランの評判・評価 おすすめポイント

乗り心地を気にするならやはり日本製のタイヤのほうがタイヤが柔らかく揺れないので良いと思います。私のタイヤのサイズだと日本のは1本1万ぐらいするので、アジアのだとタイヤ4本変えてしまいます。

価格で言えばアジアンタイヤがおすすめです。タイヤの価格を抑えて他にお金をかけたいので今後も取り替える時はアジアンタイヤを買おうと思っています。

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事