スポンサーリンク

隠れた名作アジアンタイヤ ナンカンRX615のレビューとネクストリーの比較

 

多くのアジアンタイヤの中でも”隠れた名作”に相応しいのがこのナンカンRX615ではないでしょうか。

これ以上のタイヤは必要ないのではないか?と思わせるほど良いタイヤです。

軽自動車で使用し、タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

グリップの良いおししい部分の距離は割と短めかもしれませんが、そこは値段の安さで十分にカバーできるでしょう。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンRX615のレビューとネクストリーの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

こがねさん

大阪府の平地に住んでおり、使用していた車種はFF駆動のミラジーノです。
主に通勤に使っていますが休日や夜は山に行ったりしているので運転はかなり荒い(飛ばす方)です。
晴れでも雨でも酷使していました。

BRIDGESTONE NEXTRYからNANKANG RX615に交換。タイヤサイズはどちらも145/80R13です。

AUTOWAYのネットショップで購入し、一本4000円弱(約16000円)でタイヤ持ち込み交換が可能なお店で交換作業をお願いし、工賃を含めた最終的な支払い総額は24000円でした。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカン RX615の評判・評価

ならし運転は必要

剥離剤が残っていたためなのか交換直後は何をしても反応が薄く、乗っていて

「このタイヤ大丈夫か?やっぱりアジアンタイヤはダメか?」

と不安になっていましたが、

300kmほど走って剥離剤も取れ、馴染んできてからはまるで別のタイヤに履き替えたのかと思うほどレスポンスも良く、安心して運転出来ました。

100点満点!次もナンカンがいいと思ってしまう出来の良さ

山道でも先に車体が悲鳴を上げるくらいはしっかりグリップするので、不安感は全くありません。

それまでは正直に言うとアジアンタイヤを馬鹿にしていたのですが、使用してからは「次もNANKANGがいい」と思っています。

もっと荒い運転をする人やサーキットを走る人でもない限りこのタイヤ以上の物は必要ないかと思います。

ロードノイズは横に壁があると気になる程度だったのでそこだけはNEXTRYが優れていましたが、総合的な性能と価格を考えると100点満点のタイヤです。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

雨でも危ないと感じない

雨の白線の上で3急運転をすると滑ります。もちろんNEXTRYでも同じことをすれば滑ります。

それ以外ではNEXTRYと全く変わりません。

ロードノイズより雨音の方が大きいので唯一のデメリットだった音も気にならなくなり非常に満足度は高いです。

雨の山道でもお構いなしに遊んでいたのですが、驚くくらい滑りません。跳ねたりして物理的な限界を超えてしまうと滑りますが、滑ってもすぐに復帰するので危ないと感じたことはありませんでした。

燃費や耐久性 コストパフォーマンス

燃費について

燃費に関しては良くなったとも悪くなったとも思いません。コンマ一桁くらいは変わっているかも知れませんが、誤差の範囲だと思います。

荒っぽい運転に十分に耐えてくれる

 

このタイヤのオイシイところは500km〜10000kmくらいで、急激にグリップ力が低下します。が、低下すると言っても一般道で走るには十二分にグリップするので全く問題はありません。

 

タイヤの見た目は殆ど変化がないのである日突然「あれ…?」と思う日が来ます。しかし1万kmも車体の限界以上のグリップ力を維持するのでとても良いタイヤだと思います。

私の荒っぽい運転にそれだけ耐えてくれるということなので、ライフが短いとは思いません。

アジアンタイヤ ナンカンRX615の総合的な感想 おすすめポイント

これ以上のタイヤはなかなか無い

通勤から荒っぽい運転までしっかりと支えてくれるので満足度は非常に高く、少し気になるロードノイズを我慢出来るのであれば、このタイヤ以上のものはなかなか無いと思います。

軽自動車であれば風切音やエンジン音の方が遥かに大きいのでタイヤを交換するときはこのタイヤを選んでおけば間違い無いかと思います。

安くてオイシイタイヤなのでリピート購入すること間違いなしです。

スポンサーリンク
おすすめの記事