サーキットで比較 アジアンタイヤ ナンカン NS-2とレブスペックRS-02

アジアンタイヤ ナンカンNS-2のレビューとグッドイヤーレブスペック RS-02とを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

ヴィッツRSで普段の買い物からミニサーキット走行まで幅広く使用してみた感想です。

アジアンタイヤ ナンカンNS-2とグッドイヤーレブスペック RS-02との比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的
KO-YAさん

現在、愛知県に住んでいるKO-YAと申します。私が現在乗っていいる車は2010年式のヴィッツRSです。この車は私の初めて購入した車でもあり、主な使い方として、普段の買い物からミニサーキット走行まで幅広く使用しています。運転の仕方はサーキットも走っている事もあり、かなり車に負荷のかかる運転をしています。行動ではあまり飛ばしませんがミニサーキットでは100㎞/hから急ブレーキ等の激しい運転をしています。

新しいアジアンタイヤはNS-2・ナンカンで以前まで装着していたタイヤはRS-02・グッドイヤーです。

サイズは共に195/50R16です。値段ですがNS-2・ナンカンは1本5980円(税込み)でRS-02・グッドイヤーはヴィッツRSを中古で購入した際についていたので購入金額が分かりません。

なので価格.COMで調べた一番安い金額で話させて頂くと1本9200円(税込み)です。

これを踏まえ総額を出すと、NS-2・ナンカンは4本で23,920円でRS-02・グッドイヤーは4本で36,800円です。

これにタイヤ装着費用が掛かりますが今回は知り合いに取り付けていただいたので0円とします。また、NS-2・ナンカンは楽天市場で購入し楽天カードでポイント3倍で購入したのでより安く買えています。

ナンカン NS-2の評判・評価

NS-2・ナンカンとRS-02・グッドイヤーを比較して乗り心地という面ではどうしてもどちらもスポーツタイヤというとこもあり、硬い乗り心地です。

しかし、NS-2・ナンカンの方が普段使いだけだと転がり抵抗が少なくアクセルを踏んだ時の加速は良いと思います。なので燃費も誤差ではありますが、少し良くなりました。

ただし、裏を返せば、普段使いだとグリップをあまりしないということです。そもそもの比較がどちらもスポーツ走行向けなので他の燃費向上用のタイヤと乗り比べればどちらもグリップします。

タイヤノイズ

NS-2・ナンカンのタイヤノイズですがどうしてもRS-02・グッドイヤーよりは大きいです。車のマフラー音や走行音が好きな人には気にならないし丁度いいとも思いますが静かなハイブリッド車が好きな人にはとてもうるさく聞こえてしまいます。

現に友達からタイヤの音大きいと言われたこともあります。こらは好みが分かれます。

ドライグリップ

続いて、晴れの日のグリップ感ですが、先ほども述べたように普段使いならNS-2・ナンカンの方がグリップしないです。しかし、サーキット走行は違います。

ある一定以上タイヤに熱が加わると急にグリップします。ただし、そこを超えるとまたグリップしなくなるので注意が必要です。

雨の日(ウエット路面)の安全性

どちらを選んでも良い

雨の日での安全性を比較すると普段使いでは違いはありません。高速道路で100km/h出しても滑りそうになることもありませんし、交差点等を曲がるときに滑る心配もありません。なので、普段使いのみで使用する予定ならどちらを選んでも良いでしょう。

雨のサーキット走行

ただし、サーキット走行は違います。安全面では差はなくともコーナー立ち上がりでアクセルを踏んだ際にNS-2・ナンカンの方が滑り量が多く思いっきり踏み込めません。

なのでNS-2・ナンカンで雨の日サーキット走行する際はタイムを出すよりもアクセルワークの練習に使用してみるのがいいのではないでしょうか。

また、NS-2・ナンカンはRS-02・グッドイヤーよりサーキット走行なら横滑りも多いので荷重移動の練習にも最適です。

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

燃費の差は少ない

燃費の話を少しだけしてしまいましたがNS-2・ナンカンはRS-02・グッドイヤーと比較して転がり抵抗が少ない分少しだけ良いと思います。良いといってもリッター1kmも変わりませんが感覚としてリッター0.2kmくらい違うように感じます。

ただしこれは山道のような信号のない道での話です。都会のような信号の多い道路では燃費の差は感じないと思います。

摩耗具合

摩耗具合ですが普段使いだとどちらも7年(7万km)は走れそうなのでサーキットで比較するとNS-2・ナンカンはRS-02・グッドイヤーと比較してタイヤのブロック飛びが起こりやすいです。

私の運転の下手さもありますがそれでもRS-02・グッドイヤーはあまりブロック飛びしないのでNS-2・ナンカンはすぐにダメになる可能性もあります。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2の総合的な感想 おすすめポイント

NS-2はとても良い

総合的に判断してNS-2・ナンカンはとても良いです。1万円以上もRS-02・グッドイヤーより安いのに走行に関してはあまり差がありません。

サーキット走行でのタイヤのブロック飛びの問題はありますがグリップ性能はむしろNS-2・ナンカンの方が走り方次第で良いです。

ブロック飛びも技量を上げると無くなると聞くので自分の運転技術向上の為に買うのもアリではないでしょうか。

また、普段使いでも少しのロードノイズを気にしなければ燃費も良いので、他のメーカーでスポーツタイヤを買おうと思っているなら、NS-2・ナンカンなどのアジアンタイヤを候補に入れて検討すると良いと思います。

 

NS-2のサイズと価格を見る >

 

 

 

サーキット・スポーツ走行の記事一覧を見る >

 

NS-2の記事一覧を見る >

 

ハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る >

 

全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事