アジアンタイヤ ナンカンNS-25のレビューとDLスポーツマックス050との比較

アジアンタイヤ ナンカンNS-25のレビューとダンロップ スポーツマックス050との比較

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

アジアンタイヤ ナンカンNS-25のレビューとダンロップ スポーツマックス050との比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

ピンキーさん

居住地:滋賀県
車種:レヴォーグ1.6L・GT
車の主な使い方:主に休日に乗るほか、月に2~3回の出張で使用。
運転の仕方:市街地ではゆっくり走行するが、高速道路や郊外の道では結構飛ばす方だと思う。

新しいタイヤ:NS-25・ナンカン
以前のタイヤ:ダンロップ・スポーツマックス050
サイズ:215/50R17
値段:約9000円/1本
総額:約6万円
入手方法:インターネットで購入

レヴォーグは新車ではなく中古で購入した。走行距離は約3.5万キロで新車装着タイヤが装着されていたが、摩耗していたので交換することにした。

同じスポーツマックスにしようかとも考えたが、友人から最近のアジアンタイヤは性能が良いのでおススメだと言われてナンカンにしてみた。

ナンカン NS-25の評判・評価 レビュー

乗り心地

まず乗り心地は明らかにソフトになった。以前のタイヤは少し硬い印象があったらが、マイルドになり乗り心地は良くなったと思う。かといってふわふわした感じは無く、高速道路などを走行していても安心できる。

一方、山道などを少し速いペースで走ると少し頼りない。サイドウォールが柔らかくなったのが原因だと思われる。

ドライグリップ

古いタイヤはワインディングロードなどでもしっかりとしたグリップ感がハンドルを通じて伝わってきたが、新しいタイヤはそれが少ない。しかし、ドライでのグリップは古いタイヤに比べて落ちたと言うことは全くなく、ブレーキの性能も全く変わらないか少し良くなったと思う。

ロードノイズ

そして、静粛性能も明らかに良くなったと思う。路面が悪い高速道路を走行すると「ゴー」という音がするが、これが若干静かになったのが印象的。

また、路面が良い時でも静かな印象があり、これにはちょっと驚いている。古いタイヤは路面が悪くなると、話し声が聞こえにくくなることがあったが、それがなくなったのはとてもうれしい。

長距離のドライブ時には疲れること無く移動できて良いタイヤだと思う。

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

NS-25のウエット性能はかなり高い。ホームページに「溝を広めに取ることでウエット性能が大幅に向上した」と書いてあるが、これは本当だと思う。特に高速道路を走行しているときの安心感はとても高い。路面にかなり水が溜まっていてもしっかりグリップしている感じがあるので、緊張せずにドライブできる。

またウエット路面でのブレーキ性能もかなり高い。雨が降っているときに山道を走行してもしっかりブレーキが効くので安心して運転できる。以前のタイヤは摩耗してこともあるが、雨が降った時のブレーキ性能はあまり良くないと感じていたが、このタイヤはそうしたことがないので長所だと思う。

HPに記載されている内容はあまり期待していなかったが、予想以上の性能があると思う。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃費

装着してまだ1,000km弱の走行だが、燃費は少し良くなった。一般道では11~12km/Lと古いタイヤとあまり変わらないが、高速道路では15~16km/L走行できて、10~15%アップしたと思う。

以前のスポーツマックスはスポーツタイヤだったが、ナンカンはコンフォート志向の強いタイヤなので、これが要因だと思う。

寿命

摩耗具合はまだ約1,000kmしか走行していないのでなんとも言えないが、古いダンロップをほとんど変わらないと思う。

アジアンタイヤ ナンカン NS-25の総合的な感想 おすすめポイント

ナンカン・NS-25はスポーツマックスに比べると価格は約半分なので、これを考えるとコストパフォーマンスはかなり高いと思う。乗り心地が良く、静粛性が高く、燃費も変化なくあまり不満がなく、この価格なのでかなり満足している。

一方、山道などで頼りなくグリップ感がイマイチなのはちょっと不満を感じている。しかし、コンフォート志向タイヤなのでこれは仕方が無いと思う。

私は今までアジアンタイヤを使用したことがなく、安かろう悪かろうだと思っていたが、全くそんなことはなく驚いた。価格が安く性能も良いタイヤで大変満足している。

 

NS-25のサイズと価格を見る >

 

 

全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事