ナンカン NS-2とDLエナセーブ NBロードスターで比較

アジアンタイヤ ナンカン NS-2とDLエナセーブとをNBロードスターで比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2とDLエナセーブ NBロードスターで比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

ナビソンさん

住んでいる地域は東京都の練馬区。車は完全に趣味で所有しています。走る日は土曜日の夜だけで、スポーツ走行をして楽しんでいます。車種はNBロードスター1.8RS、足回りはブリッツのZZ-Rを装着しています。

以前は納車の時から着けっぱなしだったエコタイヤ「ダンロップエナセーブ195/55/R15」を履いていました。

納車から1年でタイヤは磨り減っており、とにかく早く「安いスポーツタイヤが欲しい」という想いだけでナンカンに行き着きました。

NS-2はヤフオクで購入し、4本セットで22,000円。ガソリンスタンドでタイヤ交換してもらい+5,000円。合計で28,000でした。やはり安さは魅力です。これなら新しいタイヤに交換する場合でも余裕の金額ですから。

ナンカン NS-2の評判・評価

ガソリンスタンドでタイヤ交換を終え、発車してビックリ。ハンドルが重くなっています。

スポーツタイヤはハンドルが重くなることは知っていましたが、ここまでとは思いませんでした。

街乗りの少々疲れやすくなった気がしましたが、そんなことを気にする人はそもそもスポーツタイヤなど装着しないので、問題になりません。

 

タイヤノイズは気にしたことがなかったため違いがわかりませんが、コーナーを曲がる時の音がとても良くなりました。

以前のタイヤではグリップのギリギリの時に小さくキュルキュルと鳴っていて、いきなりグリップを失う感じでしたが、NS-2はググググという音が鳴ったあとに小さくキュルキュルと鳴き始め、その音が徐々に大きくなって、徐々にグリップが失われていく感じです。

コントロールのしやすさ、インフォメーションの正確さという点で個人的に満点なタイヤでした。

 

当然、グリップ力も向上しており、クラッチの左のフットレストで踏ん張っても体が持っていかれそうになります。いよいよバケットシートが必要になりました。これでこそスポーツ走行といえます。最高の選択だったと思っています。

3万円さえあれば手に入れられる幸せと考えれば信じられないコストパフォーマンスといえます。

雨の日(ウエット路面)の安全性

雨の日は怖いためスポーツ走行も攻めきらないのですが、特に性能が劣っているようには思えません。全体的な性能が向上したイメージです。しかし、街乗りではマンホールや鉄板の継ぎ目で滑りやすい印象を受けました。

しかし、これが案外私にとってはGOODポイント。せっかちな私は街乗りでも飛ばしてしまい、ヒヤッとしたあと反省するというドライブをしていました。ナンカンを履いてからは街乗りで慎重に走るようになり、自然とジェントルな走り方になりました。

彼女を載せていても「運転うまくなったね」とよく言われます。スポーツタイヤの以外な盲点。言い換えれば「儲けた」点だと言えます。当然、安全性も上がったと言えるでしょう。もちろん、アスファルトの上でのグリップ性能は以前履いていたエコタイヤよりよいため、全体的に性能は向上していると言い切れます。

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

燃費は8.5km/l→7.7km/lに下がりました。これを読んでいる方は「そんなわけ無いだろう」と思うかもしれませんが、本当にこのくらいしか下がっていません。グリップ性能がアップしたことで、アクセルコントロールのラフさが消えたからだと思っています。

車の性能を信じる走り方に変わったため、急加速、急減速で快感を得るよりもコーナーの走り方に拘るようになったのです。ちなみに、上記の燃費は通常よりも低い数値です。

その理由は私がほとんど街乗りをしないためで、完全スポーツ走行の数値と見ていただければナンカンの優秀さが分かると思います。

ちなみにNBロードスターは低燃費走行をした場合でも12km/lに届きません。タイヤの摩耗具合は2ヶ月目で数ミリ山が減った程度です。意外と長く使えそうです。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2の総合的な感想 おすすめポイント

総合的には大満足です。まず、価格が安いためジャンジャン走ってジャンジャン交換できる気軽さがスポーツ走行好きには堪りません。

というのも、車好きは燃費を気にしない人が多いものの、タイヤの価格は意外と気にする人が多いからです。一度ナンカンを使ってみると、その性能に驚くはずです。

それと、よく「中国製タイヤ」と言われますが、それは誤解でこれは台湾製です。中国製のタイヤにも「TRIANGLE」など素晴らしいメーカーはありますが、他意はありません。ただ、よく言われるでこの場を借りて訂正させて頂きたいと思いました。

楽しさ・経済性の観点から幅広い年齢層にオススメできるタイヤだと思っています。

 

NS-2のサイズと価格を見る >

 

 

NS-2の記事一覧を見る >

 

サーキット・スポーツ走行の記事一覧を見る >

 

 

   

東京、大阪のナンカンタイヤ激安販売店

      いくら通販で安くタイヤを買っても、交換にかかる工賃が高いと意味がありませんよね…     そこで、他店で買ったタイヤや、持ち込みでも工賃が安く、お店に直送で預かってもらえるタイヤショップを厳選しました!     こちらで紹介するお店では持ち込みでも追加料金はありませんし、ハンコックやフェデラルといったナンカン以外のタイヤでも激安工賃で交換してもらえますよ。        
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事