アジアンタイヤ ナンカンNS-25のレビューとアテンザ純正BSタイヤとの比較
スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンNS-25のレビューとアテンザ純正ブリジストンタイヤとの比較

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンNS-25のレビューとアテンザ純正BSタイヤとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的
tiya+さん

中国地方の山間地に住んでいました。車種はマツダのアテンザです。趣味がドライブですので休日には往復200キロ近く走行することもありました。基本的に高速道路より一般道を走るほうが多かったです。

新しく取り付けたのがナンカンのNS-25、225/45/19です。金額はタイヤと取り付け工賃を合わせて6万円しました。知り合いの自動車整備工場で購入いたしました。

以前に履いていたのが新車の時から純正で装備されていたブリヂストンの標準タイヤでした。人生で初めて標準タイヤからタイヤ交換することになったので知り合いのアドバイスを受けて購入しました。

スポンサーリンク

ナンカン NS-25の評判・評価 レビュー

最初に感じたこと

ナンカンのタイヤを履いてまず初めに感じたことがタイヤ自体が少し硬いような気がしました。

普段からそんなにスピードを出して運転する方ではないのでカーブの際のグリップ感に違和感を覚えることはとくにありませんでした。

乗り心地に関しては車高調もしていましたので足回りが少し硬かったのですが標準のブリヂストンと比べてもそんなに差があるようには感じませんでした。

タイヤのノイズもさすがに世界のブリヂストンのタイヤを前に装着していましたので不安がありましたが特に気になる違和感を感じることはありませんでした。

晴れの日のグリップ感もしっかりっ食いつく感じがしてとても良いタイヤに思えました。

NS-25を選んだ理由

コストパフォーマンスにおいても純正がブリヂストンのタイヤだったのでブリヂストンのタイヤの見積もりを取りましたが価格差が倍以上ありましたのでナンカンのタイヤを選びました。

街乗りがメインの車の使用であれば価格の安いナンカンのタイヤにしてほんとによかったと思いました。アジアンタイヤは悪いという人が多いような気がしますが私は実際に使用しても何も問題がなかったので次もアジアンタイヤにしようと思います。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

制動距離

雨の日の感想ですがややウエット時のグリップ力が前に使用していたブリヂストンのタイヤと比べると停止するときも制動距離が伸びたような感覚もありましたがウエットの路面の時にスピードを適切なスピードに保てていればなにも問題ないように思いました。

コーナリング

カーブに関してもとくにコーナリングで問題はなかったです。価格帯を考えればかなりの高パフォーマンスタイヤだと思えるタイヤでした。

安心できるウェット性能

ウエットの上り坂や下り坂もよく走ることがありましたが、スリップすることなく路面によく食いつくようにとらえることができていたのでウエットの路面でも家族や友人を乗せて安心してドライブを楽しむことができましたのでナンカンのタイヤを購入してよかったです。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

タイヤ交換をしてから燃費は少し良くなりました。

山道が多いので摩耗具合でいうと30000キロくらいが寿命になるのではないかと思います。少しタイヤが固い感じがしたので標準のブリヂストンのタイヤより長持ちしそうな感じを受けました。

コストパフォーマンスを考えるとブリヂストンのタイヤが1セットがナンカンの2セットになる価格差があるといわれたので断然ナンカンのほうが経済的にも大変お得になるのでよいタイヤだと思います。

アジアンタイヤ ナンカン NS-25の総合的な感想 おすすめポイント

アジアンタイヤをお勧めしたいところとして国産タイヤが1セットしか買えない金額でナンカンなどのタイヤは2セット買えるコストパフォーマンスの高さをおすすめしたいと思います。

普段から街乗りメインの人であればなおさらタイヤ交換時にアジアンタイヤに交換することで大幅な節約をすることができます。

価格差によって国産タイヤで3年使用できるところをアジアンタイヤであればやく6年使えることになります。一般のドライバーには絶対におすすめです。

 

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事