アジアンタイヤ Economist ATR-KとTOYOスタッドレスタイヤとを比較
スポンサーリンク

アジアンタイヤ Economist ATR-KとTOYOスタッドレスタイヤとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ Economist ATR-KとTOYOスタッドレスタイヤとを比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的
さすらいさん

兵庫県神戸市に住んでいます。車種はダイハツのエッセです。車の主な使い方はドライブや買い物に週末出掛けるような使い方です。運転は街乗りがほとんどで、たまにワインディングロードを走る程度です。

 

今回新しく購入したタイヤはATR-KのEconomistで、以前はTOYOのスタッドレスタイヤを使用していました。

Yahoo ショッピングで約1.2万円ほどで新品を購入いたしました。

サイズは軽自動車では一般的な165/55r14のサイズで、夏前にスタッドレスタイヤからの交換のために購入いたしました。

スポンサーリンク

Economist ATR-Kの評判・評価

以前が数年落ちのスタッドレスタイヤであったため、ATR-K Economistに交換してからは、乗り心地やグリップ感などの安心感も想像以上によくなったと思います。

今の車に乗り換える前までは、国産のタイヤを愛用していましたが、値段の安さに魅了されて初めてアジアンタイヤを購入しましたが、必要十分の性能があると感じました。

具体的には、まず乗り心地についてですが、私は軽自動車のダイハツエッセに乗っているため、多くを望んでいないのかもしれませんが、長時間運転しても疲れを感じにくいのではないかと思います。

直進安定性なども十分あり、自分が思うようなところに向かってくれるように感じます。

また、タイヤノイズについては、やはり、アジアンタイヤであるので、ほかの高級国産タイヤのような静粛性はありませんが、あまり気にならないレベルなのではないかと思います。

音楽などをつけながらのドライブの場合は私はあまり気になりませんでした。

最後に、晴れの日のグリップは、街乗り用のタイヤとしては必要十分なのではないかと思います。私も高速道路や山道なども走りましたが安全に気を付けて走る分には不安感はなかったです。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

雨の日の運転では、やはり、晴れの日ほどのグリップ感は得られないのではというような印象でした。具体的には、少し速度を出した状態のカーブやブレーキでは少し不安感もありました。

しかし、コストの面から考えれば十分で、安全運転に努める人には、十分おすすめできると思います。乾いた路面ほどのグリップ感はありませんが、変に滑ったり、水たまりにタイヤがとられるというようなことは少なく、まだ高速道路などでは使用していませんが、一般道では安全に運転できると思います。

特に一般道では、少し注意を払っておけば、流れに乗って運転することができると思いました。まだ、使い始めたばかりで、雨の運転も数回しかないので急ブレーキや急ハンドルの経験はありませんが、安全に運転することはできると思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

私が使用してからまだ、1か月ほどしか経過していないため、詳しいことはわかりませんが、以前までのスタッドレスタイヤやハイグリップタイヤに比べれば、燃費はよいのではないかと思いました。具体的には、発進時の転がりの抵抗なども少なく、スムーズにタイヤが回ってくれているように感じます。

摩耗についても、まだ詳しいことはわかりませんが、結構固めなタイヤなので、安いタイヤの割には、耐久性もあるのかなと感じました。

アジアンタイヤ Economist ATR-Kの総合的な感想 おすすめポイント

総合的な感想としては、コストの割には性能も申し分ないタイヤなのではないかと思いました。特に、晴れの日のグリップ感や、燃費の良さは素晴らしいと思いました。

街乗りしかしない人や、少々のロードノイズは我慢できるような人にはおすすめであると思います。

特に、不安感もなく安心して運転でき、雨の日でもよほどのことがなければ、十分に使用することは可能であると思いました。

予算が少なくタイヤのグリップ感や静粛性にこだわりのない人には最適ではないかと思います。

 

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事