アジアンタイヤ ナンカンNS-20の辛口レビューとミシュランタイヤとの比較
スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンNS-20のレビューとミシュランのエナジーセイバーとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

価格が倍以上のミシュランと比べてみた結構辛口な感想になります。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンNS-20の辛口レビューとミシュランタイヤとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

ピンキーさん

居住地:滋賀県
車種:フォルクスワーゲン・ゴルフ(コンフォートライン)1.2Lターボエンジンのオーソドックスなゴルフです。
車の用途:主に通勤(毎日20km程度走行しています)
運転の仕方:結構飛ばす

価格とサイズ

新しいタイヤ:NS-20(ナンカン)
以前のタイヤ:エナジーセイバー(ミシュラン)
サイズ:205/55R16
値段:約8,000円(1本)
総額:40,000円弱(組み換え料も含む)
入手方法:ネットで購入し、近くのタイヤ屋で組み換え

ゴルフのオーソドックスなモデルなので、タイヤも標準的なサイズです。価格はミシュランやブリヂストンなどの1流メーカーに比べると約半額でした。

スポンサーリンク

ナンカン NS-20の評判・評価

購入した動機

NS-20はナンカンのフラッグシッでグリップ性能、ウエット性能、静粛性、快適性などを両立したタイヤという触れ込みでしたので、購入してみました。

乗り心地

乗り心地は、舗装が綺麗な道路ではエナジーセイバーとあまり変わらない印象を持っていますが、路面が悪くなると路面のでこぼこを拾う印象があります。そういう意味ではミシュランの方がワンランク上だと思います。

タイヤノイズ

これはタイヤノイズも同じで、NS-20は路面によってノイズが大きくなり、うるさく感じることがあります。これはどんなタイヤでも起こりますが、NS-20はこの傾向が大きくちょっと改善してほしいと思います。

グリップ感

またグリップ感ですが、まっすぐ走っているときはNS-20もエナジーセイバーもあまり変わらないと思います。しかし、コーナーではNS-20はエナジーセイバーに比べると劣ります。

エナジーセイバーはペースを上げてコーナーに侵入してもかなり粘りますが、NS-20はハンドルが軽くなる印象があります。これはコーナーでブレーキを踏むときも同じ印象があり、少し改善が必要だと思います。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

NS-20のウエット性能は結構良いと感じています。雨が降っているときに強めにブレーキを踏んでもしっかり効きますし、土砂降りの状態で、路面にかなり水が溜まっていてもグリップ性能に不安を感じることはありません。

また、雨が降っている高速道路でも不安を感じることはあまりなくしっかりグリップしていますので、安心してドライブできます。これはエナジーセイバーと比べても遜色ありませんし、他の1流メーカーのタイヤと比べても全く不安はないと思います。

アジアンタイヤはウエット性能が悪いという噂を聞いていたのでちょっと心配していましたが、全くそんなことはなかったのでこの点は大変満足しており、安心して雨の日でも運転できると思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃費

燃費はエナジーセイバーとほとんど変わらずNS-20の燃費性能は良いと思います。街乗り、郊外、高速道路それぞれほぼ同じ燃費になります。エナジーセイバーはエコタイヤですので燃費はとても良かったですが、NS-20も燃費を重視しているので、気に入っています。

コストパフォーマンス

またNS-20で約7,000km走行しましたが、摩耗はあまりしていないので30,000kmほどは走行できると思います。エナジーセイバーもこのくらい使えました。

アジアンタイヤ ナンカン NS-20の評判・評価 おすすめポイント

多少安かろう悪かろうという印象はある

NS-20はミシュランやブリヂストンなどの1流メーカー品に比べると約半額ですが、多少安かろう悪かろうという印象はあると思います。エナジーセイバーを使っているときに比べるとドライでのグリップ不足を感じることが気になります。これを考えると、やっぱりミシュランは良いタイヤだなあ・・・と思ってしまいます。しかし、あまり飛ばさない人は十分満足できるタイヤだと思います。

ミシュランの方が良かった

アジアンタイヤってどんな感じなんだろう・・・と以前から気になっていたので購入してみましたが、私の場合、やっぱりミシュランの方が良かったという印象です。

 

>NS-20のサイズと価格を見る

 

 

 

>街乗りも快適なハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事