アジアンタイヤ ATR SPORT2のレビューとスポーツコンタクトとの比較
スポンサーリンク

 

アジアンタイヤ ATR SPORT2のレビューとコンチネンタル スポーツコンタクトとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

170系クラウンアスリートVには似合わないタイヤかもと思っていましたが、実際に使ってみると想像していた以上のできの良さに大変満足しています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ATR SPORT2のレビューとスポーツコンタクトとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

りゅさん

東京都に住んでおり車種は170系クラウンアスリートVにはかせています。
車の主な使い方としてはレジャー、買い物などで使用しています。
運転の仕方としては普通の街乗り、スピードを出しても高速道路の法定速度+10キロほどです。

 

今回履いたものはATR SPORT2 225/45/18で以前はコンチネンタルのSPORTCONTACT225/40/18を履いていました。
ATR SPORT2の方は通販で購入し4本で28000円ほどで購入したと記憶しています。

 

以前履いていたコンチネンタルのSPORTCONTACTは車を買った際に履いていたので正確な値段はわかりませんが現在1本18,328円で販売しています。

スポンサーリンク

ATR SPORT2の評判・評価

タイヤノイズ

今回購入したATR SPORT2、以前履いていたコンチネンタルのSPORTCONTACTはいずれもスポーツタイヤです。

ATR SPORT2は簡易的なデッドニングをした私のクラウンでは、普段の街乗りでタイヤノイズは多少はありますが、そんなに気になるものではありませんでした。

窓を開けていたり音楽をかけていたりすると、以前履いていたコンチネンタルのものと比較しても、それほど違いは感じられませんでした。

乗り心地

乗り心地としては扁平を40から45に変えたので正確とは言えないのかもしれませんが、ATR SPORT2と以前履いていたコンチネンタルのスポーツコンタクトとでは値段が数倍変わるのにもかかわらず、

乗り心地は同じくらい良くて、高速道路の橋のつなぎ目などでもストレスなく快適に走行することができています。

グリップ感

グリップ感はやはりスポーツタイヤなので街乗りや高速道路を巡行する分には充分すぎるグリップ力を持っていると思います。

私はサーキット走行やドリフト走行をするわけではないのでそちらの用途でのグリップ感は分かりませんが、

街乗りや高速道路を走行する分には、ある程度のパワーのある車にとって、とてもおススメ出来るタイヤだと思います。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)での安全性・ブレーキ性能

申し分ないウェット性能

こちらも普段の街乗りや高速道路走行になってしまうのですが、雨の日の走行では晴れの日と比べてもちろんグリップ力、制動力ともに少々低下はしますが、申し分ない性能を持っていると思います。

グリップ力に関しては、ある程度のカーブでしたら減速せずに曲がりきることもできます。

高速道路などの高速域でも、車線変更の際に雨でリアが出て滑ってしまうなどのこともなく、快適に巡行することができていると思います。

でも過信は禁物

ただ、雨の日のウエット状態の路面で信号待ちをしていて、青になった際アクセルをべた踏みで発進しようとすると、リアタイヤがホイルスピンしてしまうことがありました。

もちろん車のトルクや馬力によってこの現象が起きるかどうかは異なるので、ハイパワー車でこの行為は控えた方が良いと思います。

これはATR SPORT2のウエット性能が低いわけではなくて、スポーツコンタクトであっても同じような結果になると思います。

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

タイヤの減り方はごく普通

ATR SPORT2をはいてから街乗り、高速道路の走行で2000から3000㎞ほどしか走行していませんが、

目視で確認して異常な摩耗もなくタイヤが馴染んだ程度なので、しばらくの間はタイヤ交換の必要性はないと思われます。

 

運転の仕方も以前のタイヤをはいている時と変わらないのですが、気持ち程度ATR SPORT2の方が摩耗が早いかな?というくらいであまり大きな違いは見受けられないと思います。

しかし、値段が値段なので、ここは大目に見ましょう。

 

燃費の方に関しては、こちらも大きく変わったようには思いません。

アジアンタイヤ ATR SPORT2の総合的な感想 おすすめポイント

値段ほどの違いは感じない

総合的な感想としては、値段が2倍以上も違うコンチネンタルのSPORTCONTACTと比較して乗り心地、タイヤノイズ、晴れ、雨の日のウエット時のグリップ力、燃費、摩耗具合での大きく異なるところもありません。

街乗り、高速道路での走行での使用でしたら充分すぎる性能を持っていると思います。

全てにおいて安心して使えるタイヤ

コストパフォーマンスがとても良く、ある程度の事ならグリップ力で何とかしてくてるので、普段は街乗りでたまに少々飛ばして運転することもある人などにお勧めします。

車がクラウンなので、もう少し高級なタイヤの方がいいかなとも考えましたが、ATR SPORT2を選んで良かったと思います。

 

 

ATR SPORT2のサイズと価格を見る >

 

 

>街乗りも快適なハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事