スポンサーリンク

 

アジアンタイヤ ナンカン NA-1とYOKOHAMA BluEarth RV-02の比較

ナンカン NA-1とYOKOHAMA BluEarth RV-02を比較しました。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

 

投稿者のプロフィール・車の使用目的

TSさん

私は滋賀県の北の方に住んでいます。私が乗っている車の車種はTOYOTAのプリウスです。私の車の主な使い方は、通勤とプライベートでの近場での買い物や、年に2回ほど遠方まで旅行に使います。運転は基本は安全運転をここらがけていますが、急ぎの時は飛ばすこともあります。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカン NA-1とYOKOHAMA BluEarth RV-02の比較

私が現在使用しているアジアンタイヤはナンカン NA-1です。

使用しているタイヤのサイズは195/65R15です。

値段は1本6000円ほどだった為、だいたい24000円でした。地元のタイヤ専門店で購入しました。

以前使用していたタイヤはYOKOHAMAのBluEarth RV-02です。サイズは現在のものと同じです。

値段は1本7000円ほどだったので、約28000円です。こちらも現在のタイヤと同じ専門店で購入しました。

スポンサーリンク

ナンカン NA-1の評判・評価

私はナンカン NA-1に替えてよかったと感じています。

まず、乗り心地は全然問題ありませんでした。

前に使用していたタイヤと比較しても大きな差はなく、

むしろ以前のタイヤが古くなってしまっていたこともあり、

ナンカン NA-1に変更したほうが乗り心地が良かった気がします。

特に地面からの振動のような感覚が以前のタイヤと比較すると軽減されている感覚がありました。

次にタイヤノイズですが、これは少し残念な印象を受けています。

使い古した以前のタイヤと新品のナンカン NA-1を、比較して変わらない程度でしたので、

静寂性に関してはあまり期待できない気がします。

晴れの日のグリップ感は、満足しています。

コーナーでもしっかりと安定した運転が出来ていますし、

以前のタイヤと比較してもなんら差はないように感じます。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

ナンカン NA-1の雨の日のウェット路面での安全性は、特に問題ないように感じます。

梅雨の時期の雨がひどく降っている時にも運転していましたが、

タイヤが水膜に浮いて安定感を失い、滑ってスリップしている感じは全くありませんでしたし、

危険を感じたことはありませんでした。

使い古した以前のタイヤですと、

割と水たまりのようなところでふわふわと安定しない感覚があるりましたが、

今のところ現在のタイヤではそういったことはありません。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

現在使用しているナンカン NA-1をプリウスに履かせて運転するようになってから、

燃費がよくなったように感じます。

また、磨耗具合はそれほど進んでおらず、

このままの使い方であれば5年から7年ほど使えるのではないかと考えています。

アジアンタイヤ ナンカン NA-1の評判・評価 まとめ

私のナンカン NA-1の総合的な満足度はたいへん高いです。

安全性もしっかりと優れていますし、運転していて不快な感覚もほとんどありません。

また磨耗具合も悪くなく、値段も比較的安価なためコストパフォーマンスはとてもよいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事