アジアンタイヤハンコック VENTUS R-S4のレビューとREGNO GR-XTとの比較
スポンサーリンク

アジアンタイヤ ハンコックVENTUS R-S4のレビューとREGNO GR-XTとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤハンコック VENTUS R-S4のレビューとREGNO GR-XTとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

のりさん

茨城県に在住、車種はアルテッツァのRS200です。普段から、よく峠に遊びに行きます。今年に結婚したのもあり、ある程度の実用性も重視して選んだ車ですので、スポーツドライビングから、日常的な買い物などの普段使いまで、幅広い用途で乗っています。

このタイヤに履き替える前は、納車時に履いていた、ブリヂストンのREGNO GR-XTをそのまま使っておりました。

車を買ったばかりのとき、我慢しきれず峠に遊びに行きましたが、先行する車のペースのままコーナーに入ったら、四輪の全てが慣性に負けてしまい、ズズズ・・・と外へ持っていかれ、かなり焦りました。

それからほどなくして摩耗も進み、さすがにタイヤは履き替えなければ、ということで、一緒に走った方にオススメして頂いた、ハンコック ヴェンタスR-S4を選びました。

食いつきは国産ハイグリップと遜色なく、それでいて長持ちするということで、ほぼ即決でした。

このタイヤはフジコーポレーションさんが独占販売しているようですので、早速県内のフジさんへお伺いし、交換しました。

まだ純正ホイールのままでしたので、サイズは215/45/17で、4本交換、工賃、廃タイヤ処分料、バルブ交換込みで6万円ほどでした。

スポンサーリンク

ハンコック VENTUS R-S4の評判・評価

タイヤを組み付け後、車を自宅まで回送し、途中に寄ったコンビニの駐車場でタイヤを見てみましたが、表面が少しベトベトしたような感じで、これは食いつきそうだなぁと期待に胸を膨らませました。

その日の夜に峠へ遊びに行き、タイヤを試してみましたが、同じコーナーを、REGNOを履いていたときと同じ速度で突っ込んでも、タイヤは鳴きもせず、かなりの安心感でした。すごく食いつきます。

また、少しペースを崩してしまい、無理な突っ込み方をしても、危ない挙動は一切出ず、元々履いていたREGNOと比べると、かなり安心して走ることができました。

ただし、ハイグリップタイヤですので、ロードノイズはそれなりに出ます。しかし、ハイグリップタイヤであれば、ロードノイズは出て当然ですし、むしろ、ロードノイズがあることによって、このタイヤは食いつくんだぞ、などと気分も上がりますから、全く気になりません。

また、それほど神経質な人でもなければ、そもそも気になるほどの音量でもなく、心配するには値しないものと思います。

乗り心地に関しては、この手のタイヤを入れる車は足回りも固いでしょうし、特に気になるような点はないかと思われます。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

ウエット路面での食いつきは、スポーツドライビング向けのハイグリップタイヤとのことでしたし、どんなものなのか、と心配しておりました。しかし、雨の日であっても、案外食いつきます。

雨の日に峠をそこそこ飛ばして走っていても、相当な無理をしなければ、リアが出てしまうこともありませんでした。

これまで、このタイヤで雨の日に走っていてヒヤッとしたことは、雨の日に無茶をしてリアが出てしまったときと、大雨の日に、深い水溜まりに踏み込んでしまい、ほんの一瞬ハイドロプレーニングを起こしかけたときくらいです。

しかし、前者に関しては、カウンターステアを当て、スピンで回避しようかと思っていたときに、意外にも姿勢が回復し、そのままハイペースでの走行を続けられましたし、後者に関しても、すぐにグリップが回復し、無事に帰宅することができました。これらは、このタイヤの性能が優れていたから実現できたことであると思います。

いずれにせよ、少なくとも、普通の運転をしているならば、ウエット路面での安全性に関しては、全く問題がないものと思います。

コストパフォーマンスや安全性・耐久性や燃費について

このタイヤを入れてからと、いわゆるエコタイヤであるREGNOを履いていたときとで、気になる燃費差はありません。

元々、ハイグリップタイヤであれば、燃費はあまり期待すべきではないのでしょうが、しかしエコタイヤからの履き替えでも違和感なく走ることができていますし、かなり優秀なのではないでしょうか?

また、普段から飛ばして走っていましたが、それでもタイヤの摩耗はほとんどなく、4000kmほどは走ったかと思われますが、まだまだ長持ちしそうです。

このタイヤを購入時、どうせ走りこむし、ということで、パンク保障を外してもらっていましたが、今になって若干の後悔をしているほど、このタイヤは長持ちすると思います。

アジアンタイヤ ハンコックVENTUS R-S4の総合的な感想 おすすめポイント

いわゆるハイグリップタイヤというカテゴリ自体、私にはあまり馴染みがなかったのですが、それでも違和感なく走れていることですし、このタイヤは快適性の面でも優秀なのではないかと思います。

さらには、グリップ性能の面に関しては特に優秀で、国産ハイグリップタイヤに肉薄するグリップ性能、との声は本当なのだな、と思いました。耐摩耗性も十分、十二分であって、ウエット路面での性能も問題なしです。

コストパフォーマンスも最高でしょうし、弱点らしい弱点は、私には感じられません。

プロのレーシングドライバーならいざ知れず、アマチュアレベルのドライバーからすれば、このタイヤに弱点を見出すようなことは、ほぼないと思います。このタイヤはオススメですよ。

 

⇓VENTUS R-S4のサイズと価格を見る

 

 

>街乗りも快適なハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る

 

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事