アジアンタイヤ ナンカン FT-4のレビューとダンロップとの比較

アジアンタイヤ ナンカン FT-4のレビューとダンロップとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

アジアンタイヤ ナンカン FT-4のレビューとダンロップとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

おとんさん

大阪府南部 三菱アウトランダー
車の主な使用目的はレジャーですが、たまに仕事で使うこともあります。
家族を乗せることが多いので、運転はどちらかというと慎重でスピードなどもあまり出しません。

新しいタイヤはナンカン FT-4 215/70R16 100H です。以前のタイヤはダンロップ製でした。
値段は通販で一本8500円ほどとなりかなりお買い得な値段設定でした。

通販にて入手し、行きつけのガソリンスタンドで交換、バランス取り、古いタイヤを処分してもらいました。
以前のダンロップ製タイヤを交換した時と比べて6割ほどの値段でした。

ナンカンFT-4の評判・評価

決して飛ばすほうではないので、グリップなどもそれほど重視しておらず、むしろ値段重視でのアジアンタイヤの選択ではありましたが、うれしい誤算というか今のところ特にネガは見つかっていません。やはり新しいタイヤは静かで乗り心地が良いのが最高です。

今までのタイヤはトレッド面の山はまだあったのですが、エッジ部分やサイドウオールなど各所にひび割れがひどくカチカチになってしまっていましたので、やはり乗り心地が悪かったですが、今はとてもなめらかに滑るように走っているような印象を受けます。

家族からも好評でとても良い買い物をすることができましたので、次もまた同じブランドにしたいと考えています。トレッドパターンが細かいのでそのせいか走行ノイズも小さく私のような乗り方の方には自信を持ってお勧めできるブランドだとおもいます。

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

トレッドパターンが細かいので雨の日のノイズも非常に静かな印象ですし、排水性にも問題はないかと思います。たまに高速道路を走ることもあるのですが、車の下からサーっと水切り音がするだけで、以前のタイヤで感じたバシャバシャと水をはじくような音がなくなったことに驚いています。

本来RV車には大きめのトレッドパターンというのが定番なのですが、実際オフロードを走るわけではないので、あえてこのようなコンフォート系タイヤにするというのも良いかと思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃費に関しては驚くほど向上し平均で1~2キロは良くなりました。

信頼性が上がってきたとはいえ、初期のアジアンタイヤにはあまり良い評判を聞かなかったのですが、
最早それは過去の話なのだと、実際に交換してみて感じました。

アジアンタイヤ ナンカンFT-4の総合的な感想 おすすめポイント

何より値段が安いというのが一番の魅力のアジアンタイヤですが、実際に交換してみると燃費の向上や、静粛性アップなど思わぬメリットがついてきて、驚いています。

もはやアジアンタイヤはタイヤ交換の際に選択肢の一つに入れることに抵抗はありません。

 

 FT-4のサイズと価格を見る >

 

 

全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事