スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとContiSportContact5との比較

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとContiSportContact5とを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

純正のタイヤサイズの選択肢が悩みどころのスイフトスポーツzc33sに使ってみました。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとContiSportContact5との比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

なおさん

千葉県に住んでいます。車種はスズキ、スイフトスポーツzc33sに乗っています。
車の主な使い方は、通勤と趣味のドライブです。長距離の高速運転が多かったので、直線を法定速度で走り続けることが多いです。

以前のタイヤは、純正で取り付けられているContiSportContact5で、コンチネンタル製でした。

新しく入れたタイヤは、AS-1で、ナンカン製です。

以前のタイヤは、新車購入時にはいていたもので、新品は購入はしたことないです。AS-1は、純正と同サイズの195/45/r17で通販オートウェイで33840円でした。

スポンサーリンク

ナンカンAS-1の評判・評価

コンチネンタルと比べてやわらかめ

AS-1は、柔らかめで乗り心地はほとんど変わらなかったです。コンチネンタルは少し固めな印象で、路面のギャップを拾った時のショックはAS-1の方が柔軟で柔らかくなる印象でした。

晴れの日のグリップは

晴れの日のグリップは法定速度内では、大きな差を感じるほどではありませんでした。確かにコーナリング時の剛性感は、コンチネンタルの方が良く、しっかりとした安定感があるように思います。

一方、AS-1は、サスペンションを柔らかくしたような柔軟な感じの乗り味になり、好みが分かれるかもしれません。

走行性能は、法定速度内の運転で性能的に大きな落差は感じませんでした。

ロードノイズ

タイヤノイズに関しては、AS-1の方が静かでした。柔らかい性質のためか、かなり静かになり、これまでのコンチネンタルがタイヤノイズ大きかったのかと、意識してしまうほどでした。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

国産タイヤと大きく変わりがない

雨の日に急発進すると、タイヤの周り始めに若干ズルっと滑る感じが出ることがあります。しかしハンドルが取られることもなくグリップし始めるので、直進安定性も悪くないです。

法定速度内の走行では、空転するほどのこともなく、使用に不満をもったこともありません。ブレーキ時やコーナリング時に滑るような体験もありません。

水溜りに入った時の挙動も、法定速度内での使用だけですが、国産タイヤと大きく変わりがないように思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃費は良くなった

燃費は以前のタイヤと比べてやや良くなりました。持ってみると分かるのですが、とても軽いです。国産のものと比べると、軽量で燃費向上効果は大きいように思います。

かなり磨耗しにくい

規程の空気圧よりもやや高めで使用していますが、柔らかいタイヤであるにもかかわらず、かなり磨耗しにくいタイヤだと思います。

アジアンタイヤ ナンカンAS-1の総合的な感想 おすすめポイント

コストパフォーマンスと貴重なサイズはおすすめできる

AS-1は、日常使い、街乗りには満足に使えています。乗り心地も悪くないものと思います。おそらく、コストパフォーマンスはかなり良い方であると思います。

195/45/r17というサイズは、国産だとかなり高級なタイヤしか選べません。そういう意味でも、かなり重宝するのではないかと思います。

関連記事

AS-1の記事一覧を見る

スポンサーリンク
おすすめの記事