スポンサーリンク

昔とは違うアジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとBSネクストリーとの比較

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとBSネクストリーとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

最近のアジアンタイヤの性能が昔とは違うことが、AS-1を使ってみてよくわかりました。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとBSネクストリーとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

ジャックさん

東海地方に在住で通勤に車両を使います。あまり遠出する方ではなく、市内の移動程度です。
車種はトヨタのアクアで運転は丁寧な方だと思います。急発進や急ブレーキをしないように心がけています。スピードは出す方で荒い方ですが常識の範囲内です。

AS-1 かかった費用の総額

新しいアジアンタイヤはNANKANG AS-1 185/60R16 90H XL 総額で20000円(工賃含む)オートバックスでセールで販売されていたため購入することにした。

ネクストリー かかった費用の総額

ブリヂストン NEXTRY 185/60R16 86H  総額で31000円(工賃含む) 親の紹介でブリジストンタイヤ専門店で購入及び交換を行った。

スポンサーリンク

ナンカンAS-1の評判・評価

国産タイヤとの違いはそれほど感じない

ナンカンのタイヤは初めて装着したのですが、空気圧が減りやすい、滑りやすいといった事はなく、乗り心地は国産のタイヤとそれほど変わらないように思います。

高級車となってくると気になるのかもしれませんが、私の使用車両は大衆車ですのでそれほど気にならなかったのだと思います。

ロードノイズ

タイヤノイズも特に気になるといったことはなく以前のタイヤと比べて、同乗した人からも特に指摘はなく、車内での会話は音楽を聞いていても気になりません。

グリップ力と乗り心地

晴れた日のグリップ感は非常によく、カーブなども違和感なく曲がることもできます。ただ、タイヤが固いのか、サスとの相性なのか、段差を上ったり下りたりするときに以前のタイヤと比べて、ガツンという衝撃が少し感じられます。

値段でもとが取れる

燃費は以前使用していたタイヤと比べて少し悪くなってしまったのですが、タイヤの安さで元をとれているので私は気になりません。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

運転に支障のないレベル

雨の日となると国産タイヤと比べて停車するまでに少し滑っているような感覚があるのですが、運転に支障があるレベルではなく、運転が丁寧な方は気にならないと思います。

深い水たまりではハンドルが取られやすいが…

深い水たまりを走るときは以前のタイヤと比べてハンドルをとられる印象があり、初めて深い水たまりの上を走った時は驚きました。

しかし、それも丁寧な運転を心がけ、水たまりを避ければいい話ですし、よっぽど無茶な運転をしない限り、雨の日のナンカンタイヤは十分な性能をもったタイヤだと思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

私の場合は、遠出をあまりせず市内の移動のみのため、万が一が起きた時でも問題はありませんが、長距離を移動するような運転をする人は国産タイヤの方がいいかなと思います。

普通に乗っていても溝の減り具合は早いので、急発進急ブレーキが頻発するような運転をしている人はすぐにタイヤを変える羽目になるかもしれません。

アジアンタイヤ ナンカンAS-1の総合的な感想 おすすめポイント

AS-1はおすすめできるタイヤです。

そこそこ走れて、安全性能がしっかりしていればタイヤは何でもいいという私みたいなタイプの人にはお勧めできるタイヤです。

ロードノイズや燃費によっぽど神経つかう人でなければ国産タイヤでなくてもナンカンタイヤでいいんじゃないかと思います。

私が免許を取りたての頃は外国産のタイヤはお金をドブに捨てるようなものと言われていたのですが、今回ナンカンタイヤを使ってみてそういった考えは一切なくなりました。総合的な評価も非常に高いです。

 

関連記事

 

AS-1の記事一覧を見る

スポンサーリンク
おすすめの記事