スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとMICHELIN ENERGY SAVERとの比較

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとミシュランMICHELIN ENERGY SAVERとを軽自動車のワゴンRで比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとMICHELIN ENERGY SAVERとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

サキちゃん

兵庫県西部に住んでいます。近所の買い物や外食時の足としての使用が多くほとんど飛ばすことはありません。高速道路もほとんど走らないです。車種はワゴンRで、家族みんなで使っています。

交換したのはナンカンのAS-1という銘柄です。サイズは165/55R15 75Vです。

以前に装着していたのは MICHELIN ENERGY SAVER 165/55R15 75V です。

よく行く修理工場にて取り寄せてもらい交換しました。交換手数料やタイヤ廃棄代などいろいろと総額で25000円ほどでした。

スポンサーリンク

ナンカンAS-1の評判・評価

以前のタイヤは父がこだわって外国製のタイヤを履いていましたが、もう古くなってしまいとても乗り心地がごつごつする感じでした。

今回は価格重視でアジアンタイヤにしたのですが、特に問題は感じていません。安いので乗り心地が悪かったりうるさかったりするかと思いましたが、そのようなことはありませんでした。

あまり高速道路などで極端にスピードを出したり、山道や未舗装路などを走ったりするほうではないので、グリップなどに関してはあまり実感できませんが、少なくとも不安になる要素はありません。

驚いたのは走っているときのノイズがとても静かになったことです。

音楽を聴くときのボリュームが以前より小さくてもはっきり聞こえるようになり、家族で会話するときも以前ほど大きな声を出さなくても話せるようになったことがとてもうれしいです。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

雨の日の使用に関しても特に以前の輸入タイヤと比べても、問題になるようなことは見当たりません。それどころか、雨の日のタイヤが水をはじく音が小さくなったような気がします。あまり車には頓着のない母もそう言っていたので、気のせいではないとおもいます。

父は最初安いタイヤだから雨の日は特に気を付けて走るようにと私たちに言っていましたが、いつの間にかそんなことも言わなくなりました。父も満足しているのではないかと思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

タイヤを交換してからまだ3000キロほどしか走っていないので、目に見えて摩耗している感じはしませんが、
少なくとも燃費が悪くなったりすることはなく、むしろあまりアクセルを開けなくてもコロコロ転がるような感じで、燃費にも貢献している印象です。

アジアンタイヤ ナンカンAS-1の総合的な感想 おすすめポイント

とにかく値段が安いのが魅力なのですが、安かろう悪かろうではなく安いのによいことがたくさんあるので、とても良い買い物ができた気がしますし、今後もアジアンタイヤというものを使い続けていきたいと思います。

高いタイヤをいつまでも使うより位、安いタイヤを定期的に交換したほうが気持ちよく走れますね。

スポンサーリンク
おすすめの記事