アジアンタイヤ ATR SPORT2のレビューとATR SPORTとの比較

アジアンタイヤ ATR SPORT2のレビューとATR SPORTとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

ATR SPORT2はグリップとコストパフォーマンスを両立した誰にでもおすすめできるタイヤだと思います。

アジアンタイヤ ATR SPORT2のレビューとATR SPORTとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

たろうさん

私は東京の多摩地区に住んでおり、愛車はホンダのアコードユーロR(初代)です。
通勤から買い物、峠やサーキットまで活躍しており、アコードは私の生活になくてはならない存在です。
道路はそこそこ飛ばすタイプなので、タイヤに選びには少々拘りがあります。

今回紹介するタイヤ

銘柄:ATR SPORT2
メーカー:ATR RADIAL (インドネシア)
サイズ:215/45/17
値段:\6,810/本 送料無料
税込み総額 \27,240
入手方法:オートウェイ公式サイト

前に使用していたタイヤ

銘柄:ATR SPORT
メーカー:ATR RADIAL (インドネシア)
サイズ:215/45/17
値段:\5,260/本 送料無料
税込み総額 \21,040
入手方法:オートウェイ公式サイト

ATR SPORT2の評判・評価

峠とサーキットで

ATR SPORT2は、ATR SPORTの後継モデルです。ドライグリップ及び、ウェット時の走行性能が改善されているみたいです。
実際の性能はどうなのでしょうか?峠とサーキットで使用してみました。

感想としては、前作のATR SPORTよりもドライグリップは確かに向上しており、この手のミドルグリップタイヤにしては、グリップ力は高いほうだと思います。
街中走行時のタイヤノイズは少々大きい様な気もしますが、乗り心地は悪くありません。

ローグリップ:エコタイヤなど
例.ecos , エコピア
ミドルグリップ:スポーティ性をアピールしているタイヤなど
例.KR20 , ATRSPORT
ハイグリップ:サーキットアタック用タイヤなど
例.DIREZZA Z3 ,RE-71R

雨の日(ウエット路面)での安全性・ブレーキ性能

ウェット時の走行性能ですが、しっかりと路面を捉えている感触があり、安定性も十分です。

前作のATR SPORTとの違いが一番良くわかるのがウェット性能」と言っても間違いではないくらいに良くなっています。

雨の日の安心感はATR SPORT2の圧勝ですね。

ハイドロプレーニング現象も、普通に走行していれば起きることはなさそうです。

タイヤによっては、接地感が全然無かったりするものがあります。例えばカーブを曲がっていて、ズルズル滑っている様な感覚がするタイヤは嫌ですよね?
タイヤを選ぶ際は、ウェット時の走行性能についても加味しながら決めましょう!

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

燃費に関してはATR SPORT2とATR SPORTの違いはそれほど感じません。

新しいATR SPORT2の方がグリップは向上してますが、その分燃費が落ちたということもないです。

 

エコタイヤなどと比べてしまうと、どうしても落ちてしまいますが、極端に燃費が悪化していることはなさそうです。

トレッドウェアのUTQG(タイヤの減り易さを示した数値)はエコタイヤと同じですので、長持ちはしそうです。

私の場合は、車の使用方法的に長くは持ちませんが、どちらのタイヤもサーキット走行を含め3ヶ月(約6,000km)程は使用出来ました。

アジアンタイヤ ATR SPORT2の総合的な感想 おすすめポイント

ドライ・ウェットグリップ共に性能が高いタイヤ

使用してみての総合的な感想ですが、ドライ・ウェットグリップ共に性能が高いタイヤです。

前作に比べて本当に良くなっています。

冷間時からグリップ力を発揮するので、冬場の山道などでも安心して走行出来ますし、熱が入ってくるとしっかりと溶けてくれます。

サーキットでの練習用にもおすすめ

そして、このタイヤはサーキットでの遊び用としても使用出来ます。流石に、フルブレーキングなどを行うとグリップ力の不足を感じるので、ガチガチのタイムアタックは出来ませんが…。

タレるのも早めなのでペース配分には注意が必要です。ただ、タレても徐々にグリップ力が下がっていく感じなので、分かり易いです。

グリップ力の限界がわかりやすい

タイヤから伝わる情報も分かり易く、タイヤが鳴き出すとグリップ力の限界と知らせてくれます。そこからズルズルと滑る様な感じなので、急にすっぽ抜ける事はありません。

また、雨天時のウェットグリップも申し分なく、運転初心者の方にも使い易い非常に安心なタイヤです。

快適性と寿命

乗り心地は悪くなく、タイヤノイズは少々しますが、あまり気になりません。

この部分は前のATR SPORTの良いところが、そのまま引き継がれている感じですね。

トレッドウェアのUTQG(タイヤの減り易さを示した数値)はエコタイヤと同じですので、通常の走行であれば、長持ちすると思います。

そして、溝が減ってくると極端にグリップ力が低下するタイヤもありますが、このタイヤにはその様なことはなく、ワイヤーが出る最後まで使えるよくできたタイヤと言えます。

ATR SPORT2のおすすめポイント

ATR SPORTは雨が苦手だったのですが、新しいATR SPORT2は、ドライ・ウェットグリップ・ライフ・価格を高次元で両立した素晴らしいタイヤです。

 

ATR SPORTとATR SPORT2、どちらかを選ぶとすれば、ほとんど全ての面で性能が向上したATR SPORT2ですね。

 

これから走り始める人や、グリップ力の高いタイヤが欲しいけど、高いものはなかなか買えない、アジアンタイヤを色々試してみたい!という方にお勧めのタイヤです。

一本¥7,000程度なので、財布にも優しくリピートもし易いと思います。コストパフォーマンスは最強と言っても過言ではありません。

評価(最大★5)

ドライグリップ ★★★★☆
ウェットグリップ ★★★★☆
ライフ ★★★★★
価格 ★★★★★
コスパ ★★★★★

 

 

ATR SPORT2のサイズと価格を見る >

 

 

ハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る >

 

 

 

全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事