スポンサーリンク

アジアンタイヤ VALINO PERGEA 08RのレビューとKENDA KR20Aとの比較

アジアンタイヤ VALINO PERGEA 08RのレビューとKENDA KR20Aとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

普段使いもできて買いやすい値段、グリップ力は強力だが限界はわかりやすいなど、スポーツ走行の練習用にはもってこいなおすすめタイヤです。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ VALINO PERGEA 08RのレビューとKENDA KR20Aとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

たろうさん

私は東京の多摩地区に住んでおり、愛車はホンダのアコードユーロR(初代)です。
通勤から買い物、峠やサーキットまで活躍しており、アコードは私の生活になくてはならない存在です。
道路はそこそこ飛ばすタイプなので、タイヤに選びには少々拘りがあります。

今回紹介するタイヤ

銘柄:PERGEA 08R
メーカー:VALINO (設計は日本/生産は海外 アジアンタイヤにカテゴライズされています。)
サイズ:235/40/17、215/45/17 (各2本)
値段:\13,390/本 送料\1,180/本 (215/45/17)
\13,400/本 送料\1,180/本 (235/40/17)
総額 \58.300
入手方法:オートウェイ公式サイト

前に使用していたタイヤ

銘柄:KR20A
メーカー:KENDA (台湾)
サイズ:225/45/17
値段:\9.000/本
総額 \36,000
入手方法:アップガレージ

スポンサーリンク

VALINO PERGEA 08Rの評判・評価

峠とサーキットで

実際の性能はどうなのでしょうか?峠とサーキットで使用してみました。

感想としては、ドライグリップは非常に強力で、前に使用していたKR20Aとは比べ物にならない程です。オーバースピードでカーブに進入した時はかなり冷や汗をかきましが、タイヤの懐が大きいお陰で何ともありませんでした。

静かなタイヤではない

街中走行時のタイヤノイズはかなり大きめだと思います(ムチムチという音が四六時中鳴り響きます汗)、乗り心地は悪くありません。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)での安全性・ブレーキ性能

雨でも使えるアジアンハイグリップタイヤ

ウェット時の走行性能ですが、揺るがない安定性があり、抜群のウェットグリップ性能を発揮します。
ハイドロプレーニング現象も、普通に走行していれば起きることはなさそうです。

タイヤによっては、接地感が全然無かったりするものがあります。例えばカーブを曲がっていて、ズルズル滑っている様な感覚がするタイヤは嫌ですよね?

タイヤを選ぶ際は、ウェット時の走行性能についても加味しながら決めましょう!

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

燃費は悪くなった

燃費は強烈なグリップ性能故に、ハッキリ言って悪くなります。
コンパウンドを触った感じ、トレッドウェアのUTQG(タイヤの減り易さを示した数値)よりも、柔らかく感じます。

サーキット走行を含めたタイヤの寿命

私の場合は、車の使用方法的に長くは持ちませんが、サーキット走行を含め2ヶ月(約5,000km)程は使用出来ました。

アジアンタイヤ VALINO PERGEA 08Rの総合的な感想 おすすめポイント

ドリフトから街乗りまで

VALINOというタイヤメーカーは、あまり聞き慣れないかもしれませんが、ドリフト向けのハイグリップタイヤを生産しているメーカーです。どうやら、ゼスティノから派生したメーカーみたいです。ドリフト系のタイヤですが、通常の使用からスポーツ走行も可能です。

むしろ、ドリフトの方がタイヤにかかる負荷は大きいので、通常よりも丈夫に設計されていると言えます。

冷間からもグリップしてくれる

使用してみての総合的な感想ですが、ドライ・ウェットグリップ共に非常に性能が高いタイヤです。PERGER 08Rは冷間時からグリップ力を発揮するので、冬場の山道などでも安心して走行出来ますし、熱はとても入りやすいです。

但し、冷間一発目からアタック可能な分、タレるのも早めなのでペース配分には注意が必要です。ただ、タレても徐々にグリップ力が下がっていく感じなので、分かり易いです。

グリップ力は高いが限界はわかりやすい

タイヤから伝わる情報も比較的分かり易く、タイヤが鳴き出すとグリップ力の限界と知らせてくれます。ただ、懐はかなり広く、余程の事がなければ限界を超えることはなさそうです。

また、雨天時のウェットグリップもとても強力で、運転初心者の方にも使い易い非常に安心なタイヤです。フルウェットのサーキットでも十分性能を発揮出来ます。

快適性と寿命

乗り心地は悪くなく、タイヤノイズはハッキリ言って轟音です。ハイグリップタイヤを使用する以上、タイヤノイズは仕方ありません。

ライフに関しては、他のハイグリップタイヤで比較すると長い方です。

そして、溝が減ってくると極端にグリップ力が低下するタイヤもありますが、このタイヤにはその様なことはなく、ワイヤーが出る最後まで使えるタイヤと言えます。

PERGEA 08Rのおすすめポイント

これから走り始める人や、グリップ力の高いタイヤが欲しいけど、国産ハイグリップはなかなか買えない、アジアンタイヤを色々試してみたい!という方にお勧めのタイヤです。

値段は安くはありませんが、滅茶苦茶高い訳でもありません。比較的リピートはし易いと思います。ドライ・ウェットグリップ・ライフ・価格を高次元で両立した素晴らしいタイヤです。

評価(最大★5)

ドライグリップ ★★★★★
ウェットグリップ ★★★★★
ライフ ★★★☆☆
価格 ★★★★☆
コスパ ★★★★☆

 

⇓サイズと値段を見る!

 

 

>街乗りも快適なハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る

 

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事