スポンサーリンク

プリウスでのレビュー-アジアンタイヤ-ナンカン-NS-2とブリジストンとの比較

アジアンタイヤ ナンカン NS-2とブリジストンとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

プリウスでのレビューです。

スポンサーリンク

プリウスでのレビュー アジアンタイヤ ナンカン NS-2とブリジストンとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

naoさん

私の住んでいる地域は岐阜県の山の方に住んでいます。
プリウスのSツーリングセレクションタイプの車に乗っています。
運転は飛ばす方で80キロ程度で走行します。高速道路では110キロくらいで走行します。

以前のタイヤのメーカーはブリジストンでした。銘柄は覚えていません。
タイヤの溝が減ってしまったので交換することにしました。

個人でやっている店舗に行き、安いタイヤを聞いたところ、色んなメーカーを教えてくれましたが、ナンカンは知っていたので、ナンカンタイヤのNANKANG NS-2 215/45R17 91Vにしました。

一本4000円で総額16000円程度でした。

スポンサーリンク

ナンカン NS-2の評判・評価

プリウスのSツーリングセレクションタイプなので、見た目重視なので基本的に標準のプリウスよりは、タイヤ云々でなくとも、走り心地やタイヤノイズは悪いです。

ナンカンタイヤ(NANKANG NS-2 215/45R17 91V)にしてみて、以前はいていたタイヤが高級品のブリジストンだったこともあり、乗り心地は悪くなってしまいました。

段差などでは、クッション性が悪く、のった時にガタンとなる感じです。

タイヤノイズは、スピードが上がるにつれてノイズ音が激しくなります。しかし、音楽やDVD.テレビなどを視聴している状態であれば、さほど気になりませんし、慣れたしまえばなんとも思わないです。初めは、違和感やノイズ音がうるさいと感じていました。

晴れの日でのグリップ感は、直線やカーブなど問題なく走行する事が出来ます。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性

雨の日での走行も基本的には問題なく走行することが出来ます。

しかし、ナンカンタイヤ(NANKANG NS-2 215/45R17 91V)は、ゴム自体が少し硬めになっていますので、柔らかいゴムのタイヤと比べるとカーブや水溜りなどでは、スリップしやすい傾向にあると思いますので、あまりにも荒い運転やスピードを出した状態での走行は危険だと思います。

しかし、硬めのゴムなので、タイヤの減り自体は遅いので、値段の割に長くはけるタイヤだとおもいます。

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

プリウス自体の燃費はいいのですが、タイヤがナンカンタイヤということもあり、約リッター18くらいだったのが、約リッター17くらいまで下がりました。

ナンカンタイヤは、硬めになっているので、タイヤの摩耗は遅い方だと思います。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2の総合的な感想 おすすめポイント

ブリジストンなどのタイヤからアジアンタイヤのナンカンにしてみて、乗り心地やタイヤノイズなどは、もちろん悪くなりました。

しかし、人間なれてしまえば、気になっていたものも気にならなくなってきます。それに、金額が安いということも踏まえれば問題なく走行出来るので、ナンカンタイヤはいいと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事