スポンサーリンク

 

アジアンタイヤ ナンカン NS-2とピレリ P ZEROの比較

アジアンタイヤ NANKANG NS-2とピレリ P ZEROの比較です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

投稿者のプロフィール・車の使用目的

MIYAさん

宮城県仙台市

車種:フェアレディZ32 ツインターボ 2by2です。本革シートでした。
車の主な使い方としては、通勤や用足し、ドライブ等です。
運転の仕方はいたって安全運転です。たまにストレス解消で、飛ばしたことはあります。(笑)

スポンサーリンク

NANKANG NS-2 205/55R16 91V 以前はピレリ P ZERO

現在履いているタイヤは、NANKANG NS-2 205/55R16 91V です。

サイズとしては16インチを履かせております。16インチですと見栄えも良いし、コスパも良いです。

値段としては1本9000円でした。よって合計で3万6千円でした。

入手方法としては知り合いの整備工でした。

以前のタイヤはピレリの18インチを履かせておりました。これも知り合いの整備工で調達しました。

こちらは合計で16万円でした。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカン NS-2の評判・評価

NANKANG NS-2 205/55R16 91Vのレビューとしては、

以前のピレリ P ZEROに比べて、走りやすくもなりましたし、

燃費の消耗率も抑えられているような感じがします。

走りやすく燃費も悪くない

以前は1ヶ月に2回ほどの給油をしていたのですが、1ヶ月に1回で大丈夫となりました。

乗り心地としては、とても運転しやすい快適なタイヤだと思っております。

晴れの日なんてしっかり地面に食いついているので、上記にも書きましたが、とても走りやすくて運転しやすいです。

フェアレディZ32という車は、パワードリフトを仕掛けると「ケツを振る」のですが、

そのケツ振りの度合いがピレリのタイヤよりもなくなりましたので、

パワードリフトがしやすくなったのも事実です。

余談ですが基本的に、日産の車はケツが振りやすいそうです。(整備のオヤジさんのお話です。)

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性

雨の日も地面にしっかり食いついているので、

運転しやすいですし安全に走行出来ております。

よって満足しております。

安全性には問題はないが注意は必要

しかしながら、雨の日(ウエット路面)ですから、たまに道路の溝等にタイヤが入ってしまい、ケツが取られてしまう時がありますので、ハンドルはしっかり握らないと怖いです。

 

フェアレディZ32の運転は基本的に、グローブをして運転しております。

そうじゃないと操れないほどの、ケツを振る車だと思います。

タイヤの寿命・耐久性 燃費について

フェアレディZ32に履かせているNANKANG NS-2 205/55R16 91Vですが、

燃費は依然のピレリP ZEROよりもかなり良いと思います。

タイヤって燃費に影響するのですね・・・わかりませんでした。

以前はリッター2くらいでしたが、今はリッター4~5だと思います。

 

距離としてはこのタイヤにしてからは、2000kmくらい走っておりますが、まだまだタイヤは元気が良い状態です。

後2年くらいは使えると思います。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2の評判・評価 まとめ

総合的な感想としては、このNANKANG NS-2 205/55R16 91Vというタイヤは、

フェアレディZ32には合うと思うし、本当に走りやすくて安全に乗る事ができます。

これからもこのタイヤをリピートしたいと思っております。

 

燃費でも良い方向に動いてくれましたし、見栄えも等も良いと思います。

よって大満足なタイヤです。

 

>NS-2のサイズと価格を見る

 

 

関連記事

 

>NS-2の記事一覧を見る

 

>街乗りも快適なハイグリップアジアンタイヤの記事一覧を見る

 

スポンサーリンク
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事