スポンサーリンク

 

アジアンタイヤ ハイフライ HF201 とヨコハマタイヤ エコス ESの比較

アジアンタイヤ HIFLY HF201 とヨコハマタイヤ エコス ESを比較しました。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

 

投稿者のプロフィール・車の使用目的

山森さん

兵庫県に住んでいます。
使用している車は商用車のトヨタ、タウンエースです。
運転の仕方は商用で使用している車ですので
法定速度を厳守し安全運転を心がけていますので飛ばさないです。
というか、飛ばすと商用車の中に入っている
交換部品が散らばってしまう可能性があるので飛ばせないです。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ HIFLY HF201 とヨコハマタイヤ エコス ESの比較

新しいタイヤはHIFLY HF201(195/65R15 91V)で15インチにインチアップ、

値段は総額で1.6万円でした。

古いタイヤは13インチの横浜のエコスでこちらは総額2万円とちょっとです。

入手方法はどちらもインターネットで購入しました。

交換をお願いしたのはオートバックスだったはずです。

スポンサーリンク

アジアンタイヤ ハイフライ HF201の評判・評価

新しいタイヤですが横浜と比較した場合、グリップ性能は高く、

段差による跳ね上げや摩耗が少ないように感じました。

ですが、その反面、ロードノイズが大きく、かなり音がうるさく感じます。

風を切るような音がタイヤから聞こえますので音は大きいです。

しかし、うるさかったのは始めだけで、

ならしが終わったのかしばらくするととても静かになりました。

 

晴れている日のグリップ感は良いんですが雨が降ると若干滑っている感があり、

路面にしっかりと引っ付いているという感じはしないです。

ただし、ブレーキを踏んだ際、不安定になるということはなく減速していきますので

引っ付いてはいるが何か引っかかりが少ないという感じです。

 

これはエコタイヤですのでハイグリップを期待するものではないので

エコタイヤにしてはグリップがあるという解釈です。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性

雨の日においてはエコタイヤ全般に言えるんですが引っ付きが甘くなります。

このタイヤも引っ付きが若干甘くなりますが、

ブレーキをかけて止まれないということはないですし、

若干抵抗が少なくなりますがブレーキをかけて止まれますので問題はないです。

安全性については、普通に地べたを走行して法定速度を守って走行している場合、

危ないといえるようなことは起こらないです。

でも、高速道路などで速度を出すとグリップが失われて後ろが滑っている感があります。

不安な点は?

エコタイヤですのでもちろん飛ばすと滑ります。

これはアジアンタイヤだけに限らず、国産のタイヤも同じです。

アジアンタイヤの場合、不安を感じる面としてはやはりスピードを出した際、

晴れの日でもタイヤが滑ってしまうものがあることです。

最近ではそのようなタイヤは減りましたが、それでも若干滑りやすいものがあります。

 

エコタイヤでは無いタイヤについてはグリップ力があるものと

耐久性を重視しているものなどがあり

どちらも特性に沿ったタイヤを作っていますので

後は購入者がそのタイヤの特性を理解しているかどうかです。

寿命や耐久性 コストパフォーマンス

1万キロ走破しましたが今のところ小さなひび割れ程度しか起きていないので問題はないです。

タイヤのブロック自体の摩耗も少ないので耐久性は高いと評価できます。

それらを考慮し2万キロを走破してからタイヤの様子がどうなっているかを確認後交換でよいと思います。

アジアンタイヤ ハイフライ HF201の評判・評価 まとめ

エコタイヤでハイフライ HF201を購入しましたが、

日本産のタイヤと比較した場合、

始めのうちのタイヤノイズくらいしか違いななかったです。

 

でも、それも始めのうちだけなので、静かでとてもいいタイヤだと思いました。

耐久性も高く、グリップ力もそれなりにありますので満足度としては5点満点中4.5点を挙げられます。

スポンサーリンク
おすすめの記事