スポンサーリンク

アジアンスタッドレスタイヤ ナンカンESSN-1とブリザックを比較しました。

京都の北部という割と雪の降る地域に住んでおりますので、雪道でのグリップ力や雨の日の評価などを書いています。

国産のスタッドレスタイヤに比べると破格の安さということで正直不安はありましたが、良い評判を耳にして交換してみることにしました。

投稿者のプロフィール・車の使用目的

ゆうさん

京都市北部に在住
車種 プリウス
車の使い方 通勤 旅行等
運転の仕方 通勤はいたって普通の走行です。ただ京都の町は狭い道路が多く、しかも荒い運転をする方が多いので、加速と減速を絶えずするはめに。

スポンサーリンク

アジアンスタッドレスタイヤ ナンカンESSN-1とブリザックの比較

  • 新しいタイヤ ナンカン ESSN-1
  • 以前のタイヤ ブリジストン ブリザック
  • タイヤサイズ 195/65R15

以前のブリジストンのスタッドレスタイヤは4本で総額10万円でしたが、今回のタイヤは4本総額で3万円でした。個人営業のタイヤ屋で購入しましたが、ネットで購入したほうが安かったかもしれません。

ただし、タイヤ交換もしてもらったので結果としては安くついたと思います。

スポンサーリンク

ナンカン「ESSN-1」の評判・評価

値段は3分の1。しかし、それほどの差は感じない

肝心の乗り心地については、実は大きな変化はありませんでした。

値段は3分の1程度の安さだったので、ノイズやグリップ感などにおおきな変化があるものの覚悟していましたが、正直ほとんど差がないと言っていいものだと思います。

タイヤノイズは

もちろん、ノイズがまったく同じかと言われれば、こちらは多少大きくなったのは否めないと思います。

ただ、オーディオの音が聞こえないとかのレベルではなく、依然と比較して多少大きくなったかなといったレベル。決して気になってしかたないものではないと思います。

雪道での安心感はブリザックと変わらない

また雪道でも、しっかりスタッドレスとしての能力を発揮してくれています。

冬はほぼまちがいなく雪が積もる地域で、今年の暖冬気候ですら雪道になる道路を毎日走行していますが、道にタイヤをとられることはまったくなく、以前と変わらない運転が可能です。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

雨の日の走行も依然とほとんど変わりありません。スタッドレスなので、高速で移動していれば雨水にスリップする可能性もあるのかもしれませんが、それは国産のスタッドレスでも同じだと思います。

今年は暖冬で、雪道になったりその雪が解けてウェット路面になったりの繰り返しでしたが、スリップすることなく今日まで走行し続けています。

あえていうなら、ノイズが多少大きくなった、といったところでしょうか。

それは雨道だけのことではありませんが、走行に支障をきたすレベルのものではないので、特に問題はないと思います。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

買って二年目になりますが、タイヤの摩耗は依然のタイヤとほとんど変わりません。

安いからといってひどく摩耗するということなく、まだまだ現役で走行できるようです。

燃費や運転方法で気になるところもないので、依然と変わらない車生活になっています。

アジアンスタッドレスタイヤ ナンカン「ESSN-1」の評判・評価 まとめ

高価な国産のスタッドレスタイヤと、それほどの差は感じない

結局、以前のタイヤと新しいアジアンタイヤとの違いははっきりとは分からないというのが私の感想です。

普段使いには十分な性能

その程度しかタイヤの知識がない、ともいえるでしょうが、普通に生活手段として車を運転しているかたには、十分な性能をナンカンのタイヤが所有しているということにもなると思います。

値段が1/3以下で購入できるのことを考えると今後もこのタイヤを使っていきたいと今のところは考えています。

スポンサーリンク
おすすめの記事