アジアンタイヤ ナンカン NS-2とアドバン・ネオバ ホンダ・プレリュードtype-sで比較
スポンサーリンク

アジアンタイヤ ナンカン NS-2とアドバン・ネオバとをホンダ・プレリュードtype-sで比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2とアドバン・ネオバ ホンダ・プレリュードtype-sで比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

雀夫さん

当方北陸在住で、ちょっと前まで普通車でアジアンタイヤ使用していました。
最近軽に入れ替えてしまったのですが、
前は古い車ですが最終型のホンダ・プレリュードtype-sに乗っていました。
スタッドレスは国産でしたが夏季はアジアンも使っていました。
職場まで往復で60㎞弱と結構かかり、自動車専用道路を使っての通勤でしたので、
街乗りというよりロングライド中心でした。

以前はアドバン・ネオバでしたが、
耐久性とのコストパフォーマンスが悪く悩んでいました。

先に書いた通り、通勤が長いためタイヤの摩耗が激しく
2シーズン持たないくらいですり減っていました。

(一度カートのスリックタイヤみたいになってこともありました・・・)

車が馬力と重量のある昔ながらのスポーツカーなのでタイヤに優しいはずもなく、
無茶な運転はしていない(つもり)ですが、
自動車専用道路を使うのである程度スピードも出ます。

タイヤはディーラーで頼んでいましたが7~8万くらいかかったと思います。
その後ネットでナンカンの評判が悪くないことを知り、
どうせ履きつぶすならと思いNS-2をネットで購入しました。
サイズは215/45/R17です。

  ⇑加盟店数No.1の車検の比較・予約サイトで最安値のお店が探せる!  

ナンカン NS-2の評判・評価

アジアンタイヤで1シーズンで代えてもいいぐらいのつもりで。
気に入らなければまた変えればいいですし。

でも結局リピートして2シーズン使いました。悪くないですよ、十分グリップすると思います。

このタイヤでスポーツ走行はしませんでしたし、
あくまで通勤、のんびりドライブ用と割り切っていましたので十分な性能があると感じました。

特に暑い時期の方が安定していたかなと思います。

過去に銘柄は忘れましたが、ロードスターにアジアンを履かせて
「これはひどい」と思ったことがありました。

ステアリングと前輪の間にスポンジでも挟まっているような、ワンテンポ遅れて曲がる感じ・・・。
それは昔の話ですが、NS-2の剛性は過去の悪い印象を十分払拭できる出来でした。

 

変に柔らかすぎず、そこそこ路面状態も伝わってきます。
過度の静粛性は求めていませんが、別にうるさいと感じることもありませんでした。

私は走行音も楽しみたい人間なのであまり静粛性云々はこだわりませんが、
ヨコハマと比べてうるさくなったとは感じませんでした。

雨の日(ウエット路面)の安全性

アジアンに代えたからといって特別気を遣うことはなかったです。
アドバン・ネオバ履いていた時とさほど差は感じませんでした。

敢えて言えば多少グリップが弱い、いわばフワフワした印象がありましたが、
タイヤの性格の差、の範疇だと思います。

もちろん攻めた走りなどはしていませんので、
あくまでも通勤時の感覚ですが。

むしろ雨天時の運転の方がタイヤの摩耗を心配しなくて良いのと、
適度な緊張感があるので楽しかったですね。

 

ステアリングの応答や制動距離でも格別危険な場面はなかったと思います。
が、そういえば職場の車(デリカ)がアジアンタイヤでしたが、
こいつはちょっと雨の日は怖かった記憶があります、多分ナンカンではなかったので蛇足ですが。

燃費や寿命・耐久性、コストパフォーマンス

燃費はそんなに気にしなかったですが、ネオバ時代と変わらないです。
プレリュードは排気量2,200cc、220psとそれなりにでかいエンジン積んでますから、
それでも通勤は燃費が伸びてハイオクで10~11km/Ⅼくらいでした。

すみません、ホントに燃費はどうでもよかったので・・・どうせV-tec回したら無茶苦茶ですしね。
まあ、90年代のスポーツカーで10㎞超えるんだから十分な性能じゃないでしょうか?

 

燃費に比べ、私がすごく気にしたのが摩耗です。当時は年間1.7万~2万㎞弱走りました。
1シーズンは十分持ちましたよ、私にとっては十分です。

重めのFF車なので前輪と後輪の摩耗に差は出ます。
シーズン中に1度ローテーションするとよかったのですが、
奇麗に減っており変摩耗はなかったです。

まだ少し目があったのですが、1シーズンで代えると決めていたので変えました。
値段と走行条件考えれば1シーズンでも十分です。

アジアンタイヤ ナンカン NS-2の総合的な感想 おすすめポイント

アジアンタイヤってホントにコストパフォーマンス、良いですよね。
私は職場が遠いので真剣に助かっていました。
国産の半額以下でまあまあの性能、十分です。

ただ無茶をする気はありませんでしたし、
運転時は常に車の状態に気を付けるのは前提ですが。

ちらほらトラブルもあると聞きます。
運転に関わる全てのことは当然自己責任で、その上で私は満足しています。

 

あとネットで買ってディーラーに持ち込んで着けてもらってましたが、
そんなに嫌な顔はされてなかった、かな?
ただカー用品店とかタイヤショップでは
持ち込みのアジアンタイヤの取り付けを断られたこともありました。

 

NS-2のサイズと価格を見る >

 

 

NS-2の記事一覧を見る >

 

サーキット・スポーツ走行の記事一覧を見る >

 

 

   

日本全国のナンカンタイヤ激安販売店

      いくら通販で安くタイヤを買っても、交換にかかる工賃が高いと意味がありませんよね…     そこで、他店で買ったタイヤや、持ち込みでも工賃が安く、お店に直送で預かってもらえるタイヤショップを厳選しました!     こちらで紹介するお店では持ち込みでも追加料金はありませんし、ハンコックやフェデラルといったナンカン以外のタイヤでも激安工賃で交換してもらえますよ。        
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事