アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとエコピアとの比較

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとエコピアとを比較した記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

アジアンタイヤ ナンカンAS-1のレビューとエコピアとの比較

投稿者のプロフィール・車の使用目的

たけさん

東北地方に在住です。乗っている車は、日産のデイズです。車の主な使い方としては通勤や遊びにいったりなどで、ほぼ毎日使用しています。運転の仕方としては、急いでいるときは飛ばしますが、基本的には安全運転を心がけています。

新しいタイヤの銘柄は、NANKANGのAS-1 165/55R15になります。ネットショッピングの楽天市場で購入をしました。以前に使用していたものは、ブリヂストンのECOPIA NH100RV 205/60R16 NH100RV2056016というものです。

タイヤ幅が205ミリメートル、サイズが16インチです。入手方法は、ネットショッピングのAmazonで購入しました。総額で約5万円ほどだったと思います。

  ⇑加盟店数No.1の車検の比較・予約サイトで最安値のお店が探せる!  

ナンカンAS-1の評判・評価

このタイヤを買った一番の理由としては、価格が安かったというのが大きいです。

価格が価格なので、乗り心地や性能についてはあまり期待していませんでした。しかし、乗ってみると意外と乗り心地も良く、前に使っていたタイヤとの違いをあまり感じませんでした。

ただ、スピードを出したまま急カーブを曲がるときなどは、以前使っていたものと比べると少し安定感に欠けるような感じがします。それでも、街乗りや普通に通勤などとして走行する分にはなんの問題もなく感じました。

タイヤのノイズについては、あまり気になりませんでした。多少のノイズは感じますが、私的には許容の範囲内です。しかしながら、タイヤの溝の減りは早いなと感じました。

以前使っていたものは、1年1万Kmペースで5年ほどは持ちましたが、新しいタイヤはそこまで持ちませんでした。2万Kmほど走行したところで、ゴムの部分がすごく硬くなり、走行していても走り心地が悪くなったと感じるようになりました。

価格が安いので、仕方のないことだとは思いますが、もう少し長い距離を走行したかったという部分はあります。

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

雨の日の走行については、今まで特に問題なく走れています。ただ、過去に1回だけ気になったことがあり、それは、連続したカーブの道を走っているときでした。

少し急いでいたこともあっていつもよりもスピードを出しておりました。何個目かのカーブに差し掛かった時に、なんの前ぶれもなく横滑りをしました。横滑りといっても本当に軽いものなので、滑ったといっても微妙な感じだったのですが、運転していて怖くなったのを覚えています。

以前使っていたタイヤだとこういったことは全くなかったので、正直驚きました。この時は、1万km以上走った後だったので、タイヤの溝が減っていたせいもあると思います。それでも、安全を考慮するなら雨の日はあまり乗るべきではないなと感じました。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

燃費については、タイヤを交換してから変化がほとんどなかったため、良いのではないのかなと思います。距離に対しての摩耗具合としては、やはり、走行距離が2万kmを超えてくると摩耗してるなと実感できるぐらいにはなってくると思います。

私は1年で1万kmほど走るのですが、走行距離が私と同じくらいであれば、おすすめできると思います。運転の仕方が悪くなくても、年間の走行距離が長い方は、より摩耗も激しくなると感じました。

アジアンタイヤ ナンカンAS-1の総合的な感想 おすすめポイント

総合的には、とても満足しています。やはり、価格が安価なため、性能についてはある程度予想していました。しかし思っていたよりもグリップ性能や安全面に目立った問題もなかったので、普通に乗る分にはとても良いものだと感じています。

長い距離を走れないですが、買い換えればいいだけですし、費用を抑えたい方にはおすすめできるものだと思いました。

一方で、無茶な運転をする場合は、安全面で心配な部分が出てくるので、そういった方に対してはおすすめはできないのかなと思います。特にタイヤに対してこだわりのない自分のような人間にはぴったりなタイヤでした。

AS-1のサイズと価格を見る >

 

AS-1の記事一覧を見る >

 

   

日本全国のナンカンタイヤ激安販売店

      いくら通販で安くタイヤを買っても、交換にかかる工賃が高いと意味がありませんよね…     そこで、他店で買ったタイヤや、持ち込みでも工賃が安く、お店に直送で預かってもらえるタイヤショップを厳選しました!     こちらで紹介するお店では持ち込みでも追加料金はありませんし、ハンコックやフェデラルといったナンカン以外のタイヤでも激安工賃で交換してもらえますよ。        
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事