ジーテックス ZT1000とハンコックk110 アジアンタイヤ同士を比較!

ジーテックス ZT1000とハンコックk110 アジアンタイヤ同士を比較下記事です。

タイヤノイズや乗り心地、ウエット・ドライグリップなどの安全性、寿命や耐久性について書いています。

ジーテックス ZT1000とハンコックk110 アジアンタイヤ同士を比較!

投稿者のプロフィール・車の使用目的

あきらさん

千葉県八千代市に住んでいます。乗っている車は、トヨタbb1500です。車の使い方はほとんどが通勤ですが、レジャーにも使用しています。運転の仕方は、常に安全運転を心がけていて、急ブレーキや急発進はしない方です。

新しいアジアンタイヤ 「ZEETEX(ジーテックス) ZT1000 185/55R15 82V」

<費用>
タイヤ4本で、14,020 円。
タイヤ交換は、オートウェイのサテライトショップで。
取り付け工賃7,200円。
総額 21,220円

<購入経路>
株式会社オートウェイ通販サイトより

古いアジアンタイヤ 「Hankook(ハンコック)k110 185/55R1v」

<費用>
タイヤ4本で、28,720円。
タイヤ交換は、自宅近くのオートバックスの実店舗で。
取り付け工賃3,500円。
総額 32,220円

<購入経路>
オートバックス通販サイトより

私の愛車は、トヨタbbで新車購入時から乗っています。
最初の頃は、タイヤ交換と言ったら国産メーカーしか頭にはなかったため、ずっと国産タイヤを履いていました。
ところが、ある日ガソリン補給のために寄ったガソリンスタンドで、スタッフから左前輪のタイヤのパンクを発見され、その場で応急処置をしてもらい帰宅したのですが、応急処置のまま長く走行するのが不安になり、一刻も早く新品タイヤへの交換を考えました。

ところが、急な出来事であったため、資金的に高価な国産タイヤの購入はあきらめるしかありません。そこで、考えたのが比較的安価なアジアンタイヤから探すことでした。

約5年前になりますが、当時オートバックスのネット販売サイト「オートバックス・ドットコム」を見ると、自分の愛車の該当タイヤサイズである185/55R15で最も安いのがハンコック製のタイヤでした。そこで、このサイトで注文し、近所のオートバックス店舗で取り付けてもらうことにしたのです。

国産タイヤに付け替えていれば安くても5万円はしたのですから、このハンコックタイヤでは、2年間持てば良いと考えていました。ところが、結局4年間半も走行することができました。本当に感謝です。

次に新しく付け替えたのが、ZEETEX(ジーテックス) ZT1000です。
付け替えるきっかけは、デーラーでの車検の際に、タイヤのひび割れを指摘され、しかも結構深いものも出てきているので、近いうちにタイヤ交換をした方が良いと言われたからです。

そこで、購入したのがZEETEX(ジーテックス) ZT1000です。すでにアジアンタイヤには大きな不安はなかったので、ネットサイトで、値段が比較的安くて、口コミレビューの評判の良いものを探しました。
試行錯誤の末、探したのがZEETEX(ジーテックス) ZT1000です。

新しいタイヤ ジーテックスZT1000のレビュー

すでに、ジーテックスのタイヤに履き替えて、3500㎞近くに差し掛かりましたが、ハンコックのタイヤに比べて、乗り心地は極めて静かです。
ハンコックのタイヤも静かであるというのが一般的な評判ですが、それ以上にジーテックスのタイヤは、タイヤ自体が柔らかいのか、とても静かです。

私は、急発進や急ブレーキをしたり、スピード狂ではありません。安全運転派なのでこのタイヤで十分と大変満足しています。かなりきついカーブでも不安感はありません。
また、月に一度は遠出をするため、高速道路も走行しますが、時速100㎞を越えても全く不安感はありません。

雨の日の走行について。

雨の日の走行では、ハンコックタイヤの場合も大きな不安感はなかったのですが、通勤途上にある坂道での信号待ちの際に、路面に金属製のマンホールがあると、そこからの発信時に毎回最初にスリップをしてからの発進でした。相手が金属なら仕方ないなとは思っていたのですが、ジーテックスのタイヤになってからは、同じ場面になってもスリップすることはありません。これには驚いています。カーブの場面でも横滑りなど全くはありません。

燃費や距離、運転の仕方に対しての摩耗具合の評価。

燃費については、どちらのタイヤも大差はありません。1500㏄のbbですが、遠出でリッターあたり16~18㎞。街中で11~14㎞といったところです。
運転の仕方は、安全運転派なので、現在のジーテックスタイヤには、全く不安はありません。
しかし、日ごろから急発進や高速走行が多いハードな運転をされる方には、ハンコックのタイヤの方が、タイヤ自体が比較的に固めで、安心できるかもしれません。
ハンコクックタイヤは、4年半も乗り、約50000㎞走行することができ、摩耗具合は、まだまだ溝がある状態でした。ひび割れさえなければ、まだ乗り続けることができそうでした。

新しいジーテックスのタイヤは、交換後まだ3500㎞です。柔らかめのタイヤなので、摩耗はハンコックよりも早いだろうと覚悟しています。ただ、値段的にハンコックタイヤよりも総額で1万円以上も安かったことを考えれば、3年間ももてば、十分に元は取れると考えています。

総合的な評価。

安全運転派の私にとっては、今のところ断然ジーテックスタイヤを評価しています。
静かで、雨天時の走行でもスリップは決してなく、高速走行も問題ないからです。
しかも、値段が驚くほど安かったというのも魅力です。
現在付けているジーテックスのタイヤの寿命がきて、もう一度付け替えるとしても、きっと同じジーテックスのタイヤを選ぶと思います。

   

東京、大阪のナンカンタイヤ激安販売店

      いくら通販で安くタイヤを買っても、交換にかかる工賃が高いと意味がありませんよね…     そこで、他店で買ったタイヤや、持ち込みでも工賃が安く、お店に直送で預かってもらえるタイヤショップを厳選しました!     こちらで紹介するお店では持ち込みでも追加料金はありませんし、ハンコックやフェデラルといったナンカン以外のタイヤでも激安工賃で交換してもらえますよ。        
全く同じタイヤでも20,000円以上安くなった理由

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法

 

アジアンタイヤを取り扱い販売店で、より安い値段で買う方法タイヤを交換する際に無視することができないのが、なんと言ってもタイヤ交換にかかる工賃ですよね。

ネットのタイヤ取り扱い販売店の広告にはタイヤ交換工賃が1本数百円という釣り広告が目に付きますが、サイトに行ってよく見てみると車体に取り付けする工賃が別だったり、そもそも16~20インチといった近頃ではメジャーなサイズの場合は工賃が全く安くないことがよくあります。

見に行って損した気分ですよね~

こちらでは、タイヤの交換工賃が1番安い、お近くのタイヤ交換店の探し方を紹介しています。

 

おすすめの記事