スポンサーリンク

アジアンスタッドレスタイヤ「ナンカンSV-2」とブリザックの比較

 

ブリヂストンのブリザックからアジアンスタッドレスタイヤ「ナンカンSV-2」に交換しました。

安全性能や快適性、タイヤ交換にかかった工賃込みの総額など、国産タイヤと比較した感想を書いています。

投稿者のプロフィール・車の使用目的
ナガイさん
群馬県高崎市の郊外に住んでおり、あまり長距離を走行する方では無いのですが、家の近くが山が多いため冬は凍ってしまうと登りにくいと言う問題があります。乗っている車がクラウンでFRなので性能は良い方が良いのですが、ほとんど雪が降らないのでスタッドレスを履いていても単に減らしてしまうだけであるため高いタイヤは無駄だと思っています。しかしいざと言う時に履いていないと不安なので、スタッドレスタイヤは結構お金がかかります。
スポンサーリンク

アジアンスタッドレスタイヤ「ナンカンSV-2」とブリザックの比較

クラウンのタイヤサイズは215/60R16なので、以前のブリヂストンのブリザックの場合には4本で13万円程度でしたが、現在のNANKAN「SV-2」の場合には同じサイズで4本で50,000円程度でした。

半分以下の値段なので驚いています。ブリザックはブリヂストンのタイヤ館で購入しており、他の所よりも安く購入してるはずなのですが、近所にオープンしたアジアンタイヤ専門店ではナンカン「SV-2」がこの値段で売っていたので驚きました。

スポンサーリンク

ナンカン「SV-2」の評判・評価

以前のブリザックに比べると若干硬い乗り味となっている気はしますが、基本的に運転には支障はありません。

クラウンのサスペンションがある程度吸収してくれるのでしょうが、違和感は全くないです。

タイヤノイズは窓を開けていると気になりますが、晴れた日は逆にブリザックよりも静かだと思えるほどです。

スポンサーリンク

雨の日(ウエット路面)の安全性 ブレーキ性能

国産タイヤと遜色ない性能

タイヤパターンを見た場合にブリザックの方が非常に細かなパターンが入っており、雨の日では強そうな感じがしますが、実際に急ブレーキなどを雨の日にかけたことがないので現在のところその差を認識できていません。

コーナリングもスムーズに行えますし、それほど姿勢の変化も感じないので従来のものと遜色なく走ることができます。

運転のしやすさ

もともとコーナーではしっかりと減速しないと怖い方なのでスリップなどをしたことがほとんどありませんが、従来と同じような走り方をしても問題は無いので自分には合っていると思います。

トレッドパターンはNANKANは比較的ダイナミックなのですが、その分夏タイヤとの違和感がなく運転のしやすさはNANKANの方が上かもしれません。

燃費や寿命、コストパフォーマンス

価格が安いため不安だったが…

価格が安いのではじめは不安感はありましたが、現在ではなぜもっと早く気づかなかったのかと思うほど非常に満足しています。

雪の日の高速や長距離の走行の場合には不安を持つかもしれませんが、これはどこのメーカーのタイヤを履いても一緒だと思うので、現在のところはあまり気にはしていません。

高速は基本的に冬はどんな準備をしても怖いので雪が降る時期は乗らないことにしていますし、タイヤ自身も運が悪ければ高級タイヤでもバンクをしたりすることがあるので価格が安い方が魅力的と感じています。

素晴らしい経済性

意外と減りが少なく、燃費は逆に現在の方が良いので非常に満足しています。

自分は静かに運転する方だと思うのでそれほどタイヤを痛める事は少ないと思っていますが、それでも3シーズン持てば良いでしょう。

それ以上だとゴム自体が劣化してしまうのでタイヤの状態が良くても交換しなければならないと思っています。それよりも価格差が大きいので、その点で満足しています。

アジアンスタッドレスタイヤ ナンカン「SV-2」の評判・評価 まとめ

非常に満足できるタイヤ

総合的には今回非常に満足しています。

これまでアジアンタイヤは価格が安いことからリスクが大きいと考え敬遠していましたが、友人がはきかえて非常に調子が良いと言っているので自分も以前のタイヤがすり減ってしまったのを機にSV-2に変えてみました。

基本的に乗り心地等は従来と変わったところはなく、乾いた路面での操舵性も良いので、非常に満足しています。

スポンサーリンク
おすすめの記事